JCMワークショップ in カンボジア -NDCとSDGs達成に向けたJCMの貢献

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、カンボジア持続可能な開発評議会事務局(General Secretariat of National Council for Sustainable Development:NCSD)と共催で、2019年9月9日にカンボジア・プノンペンにてJCMワークショップを開催しました。
本ワークショップでは、カンボジアにおける低炭素発展のさらなる普及に向けて、JCMの最新情報の共有と、NDCやSDGsへの貢献に対する理解を深めることを目的として実施されました。IGES研究員からは「JCMの最新動向と設備補助事業」、「JCMを通したカンボジアのNDCへの貢献」、「JCMを通したSDGsへの貢献」に関する発表を行いました。カンボジア側からはJCMに関する諸手続きの説明、今後の案件形成への期待、さらにSDGsを達成するためのカンボジアの取り組みについて説明が述べられました。また既にカンボジアでJCM資金支援事業を活用し具体的なプロジェクトを実施している民間企業の代表として、メタウォータ株式会社より水処理施設へのポンプ導入プロジェクトの実施で得られた知見が共有されました。

本ワークショップには、政府機関関係者や民間事業者を中心に約45名が参加し、今後のカンボジアにおけるJCMの発展について活発な議論が行われました。

イベントの詳細

会場

Cambodiana hotel

主催
カンボジア持続可能な開発評議会事務局(NCSD)
言語
英語・クメール語
(Simultaneous interpretation)
参加者
約45名
コンタクト

IGES 気候変動とエネルギー領域
〒240-0115 神奈川県三浦郡葉山町上山口2108-11
Tel: 046-855-3823
Fax: 046-855-3809
E-mail: ce-info@iges.or.jp

写真