バンコク地域センター

バンコク地域センター: 概要


バンコク地域センターは、アジア太平洋地域の多様なステークホルダー及び関係機関との連携強化と地域の環境政策発展に寄与するとともに、気候変動への適応や環境法遵守、持続可能な開発に関するネットワークの運営を行います。

アジア太平洋適応ネットワーク (APAN)

04APANは、国連環境計画(UNEP)の世界適応ネットワークのもとに立ち上げられた気候変動適応に特化したアジア太平洋地域のネットワークで、政策担当関係者に対し、気候変動対策の実施や適応の国家開発政策への反映に有用な知見の提供を目指しています。IGESは2010年よりAPANの地域ハブの運営を行っています。

詳細はこちら(APANウェブサイト) »

 

米国開発庁アジア太平洋気候変動適応プロジェクト準備ファシリティ

03Adapt Asia-Pacificは、適応に関する知識の移転、能力向上及び技術支援を行うプログラムで、財政支援を行う組織とアジア・太平洋諸国の連携を強化し気候変動に対する対応力の向上を目指しています。IGESはAPANと協働して知識管理部門を支援しています。

詳細はこちら(Adapt Asia-Pacificウェブサイト) »

アジア環境法遵守執行ネットワーク(AECEN)

02AECENはアジアの環境省庁間のネットワークで、国内法および多数国間の環境条約の遵守と執行状況の改善を目指しています。IGESは2012年よりAECEN事務局を務めています。

詳細はこちら (AECENウェブサイト) »

 

アジア太平洋における持続可能な開発プランニングネットワーク

01SDplanNet-Asia&Pacificは持続可能な開発に係わる行政担当者や専門家を対象とした情報ネットワークで、同分野の動向や関係者に有用なツールをニュースレターなどを通じて提供しています。

詳細はこちら (SDplanNet-Asia & Pacificウェブサイト) »

関連出版物

関連スタッフ