気候変動

IGESは、国際交渉や国際プロセスに沿った、緩和と適応のイニシアティブの発展を促し、気候変動に強い未来への、移行の実現を目指しています。

気候変動は、地域レベル、世界レベルでますます大きな脅威となっています。IGESは政策立案者、自治体、企業、投資家の、健全な科学に基づいた気候リスクと将来に関する理解を助け、市場メカニズム、緩和および適応についての研究活動を通して、さまざまなステークホルダーが気候変動に強い社会を構築するための行動を、共にデザインするための支援を行っています。
 

関連出版物

関連イベント

今後のイベント

気候変動適応セミナー 第2回(小田原)

神奈川県との共催で「気候変動適応」とは何かを知ることを通じて、各社の企業活動と気候変動への「適応」との関係を考えるセミナーを開催します。
過去のイベント

気候変動適応セミナー  第1回(横浜)

神奈川県との共催で「気候変動適応」とは何かを知ることを通じて、各社の企業活動と気候変動への「適応」との関係を考えるセミナーを開催します。
過去のイベント

Training workshop for reviewing JCM proposed methodology

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、2019年8月6日にフィリピン・マニラ市にて、二国間クレジット制度(JCM)の方法論の、承認方法に関するトレーニングワークショップを開催しました。フィリピンにおけるJCM制度を促進するためには、方法論への理解を深め、方法論の早期承認が必要不可欠です。本ワークショップは、フィリピン政府関係者向けの研修で、方法論の承認に関わる各関係機関から約25名が参加しました。 初めに、IGES研究員からJCMにおける方法論の考え方...

関連ニュース

お知らせ
2018年2月28日

仏シンクタンク、日本関係者と連携した 日本の株式市場と2℃目標の整合性に関する報告書を公開 -パリ合意に向けた日本の上場企業の対応遅れ、鮮明に-

2018年2月28日(水)、フランスのシンクタンクである2℃投資イニシアティブ(2° ii : 2° investing initiative=トゥー ディグリー インベスティング イニシアティブ)は、研究報告書「日本の上場株式市場と気候変動2℃目標との整合性検証」を公開しました。
プレスリリース
2019年6月11日

第11回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム【ISAP2019】 「包摂的な転換(トランジション): 地域循環共生圏の実現に向けたマルチステークホルダーの協力」開催

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)と国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)は、2019年7月30日(火)と31日(水)、パシフィコ横浜アネックスホールにて第11回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム【ISAP2019】を開催いたします。ISAPでは例年、10を超える国際機関、先進国や途上国の第一線の研究者、政策実務者、また自治体やビジネス等のステークホルダーをお招きし、様々なテーマで活発な議論を繰り広げています。持続可能な社会の構築に向けた...

関連プロジェクト

プロジェクト
更新: 2019年9月

UNFCCC COP24 特集

2018年12月2日~14日 ポーランド・カトヴィツェで開催されるCOP24における国際交渉の速報、イベント情報等をタイムリーに発信するCOP24特集ページです。
プロジェクト
更新: 2019年8月

IPCC-48特集

2018年10月1日~6日、韓国のIncheonで開催された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第48回会合に関する情報をまとめたIPCC-48特集ページです。