6121件中 21~30件 (日付順)
ファクトシート
The infographic on Industry Transition is part of the IGES Infographics Series on the interactions between Climate Action and other Sustainable Development Goals (SDGs). The six transformative action areas for the infographics series were: Climate Finance and Carbon Pricing; Energy Transition; Industry Transition; Nature-based Solutions;...
査読付論文
Sustainability Science所収
著者:
Goh
Chun Sheng
Aikawa
Takanobu
Ahl
Amanda
Kayo
Chihiro
Kikuchi
Yasunori
Furubayashi
Takaaki
Nakata
Toshihiko
Kanematsu
Yuichiro
Saito
Osamu
Yamagata
Yoshiki
Bioenergy has been promoted in Japan with ambitious targets. However, the incentive schemes excluded renewable heat and overlooked synergies with local forest management, leading to the development of large-scale biomass plants that heavily rely on overseas biomass supplies. This case report discussed an alternative scenario of decentralised...
プレゼンテーション
Seminar “PSP NETWORK FOR SUSTAINABLE FOREST MANAGEMENT IN SARAWAK”
Japan is still the largest market for timber from Sarawak. Thus, it is important to understand the latest trends of the policy and initiative for timber legality and sustainability. Japan issued the Act on Promotion of Use and Distribution of Legally-harvested Wood and Wood Products (Clean Wood Act) in 2016. The objective of this new act is to...
査読付論文
Water所収
著者:
Molekoa
Mmasabata Dolly
Avtar
Ram
Minh
Huynh Vuong Thu
Kurniawan
Tonni Agustiono
Despite being a finite resource, both the quality and quantity of groundwater are under tremendous pressure due to rapid global changes, viz. population growth, land-use/land-cover changes (LULC), and climate change. The 6th Sustainable Development Goal (SDG) aims to “Ensure availability and sustainable management of water and sanitation for all”....
イシューブリーフ
著者:
国連気候行動サミット(2019年9月23日、ニューヨーク)に向けて、国連事務総長の以下の要請に応える日本の気候行動に対して提言を行ったClimate Transparency及びIGESによる「The Ambition Call: Japan」の日本語翻訳版。 ―1.5℃の地球温暖化に関する気候変動に関する政府間パネル(IPCC)特別報告書と整合する具体的かつ現実的な計画を提示すること ― 2020年までに自国が決定する貢献(NDC)を引き上げること ―今後10年間で温室効果ガス(GHG)排出量を45%削減し、2050年までに正味ゼロを達成すること
プレゼンテーション
『SDGs実施指針』改定に向けたステークホルダー会議
2019年9月6日(金)に開催された「『SDGs実施指針』改定に向けたステークホルダー会議」にて報告した資料です。 同会議では、日本政府が2016年12月に採択した実施指針改定に向けた議論が行われました。会議の成果は、SDGs円卓会議構成員有志によって提言書がまとめられ、9月9日の「SDGs推進円卓会議」にて、塚田玉樹 外務省地球規模課題審議官に手交されました。
査読付論文
Forest Policy and Economics所収
著者:
Ehara
Makoto
Asada
Yoko
Shogaki
Yutaro
Yano
Masato
Hyakumura
Kimihiko
This article examines the REDD+ engagement types preferred by Japanese private firms at the project level including their motivation and rationale for the engagement and explores the challenges and opportunities in relation to their participation. We analyzed 148 responses to a survey questionnaire mailed to participants across Japan and the...
キーワード:
データ/ツール
「パリルールブックの解説」はパリ協定の実施指針(通称パリ・ルールブック)について 、わかりやすく解説することを目的としています 。 2018 年にポーランド・カトビチェで開催された パリ 協定第1回締約国会合第3部 ( CMA1-3 )における決定内容までを含んでいます。 必ず しも原文に忠実に訳したもので はないため、内容 の正確性を完全に保証するものではなく 、また その後の交渉によって、ルールが更新・改定される可能性があります 。 また本資料の内容は編者の見解であり、 IGES としての見解を述べたものではありません。 転載 ・引用する場合、出所を明記して下さい 。
キーワード: