55件中 1~10件 (日付順)
プレゼンテーション
8th International Conference of NAPSIPAG 2011
The ongoing negotiations for the future climate regime have clearly indicated the need for both the developed and developing countries to work together in enhancing the adaptation to climate change. While much of the climate change adaptation debate has long been focused on the developing countries, little emphasis has been made on the need for...
ポリシーレポート
著者:
Tian
Qing
Sato
Masahisa
Nakahara
Hideki
Lee, So-Young
Kang, Jung Hwa
National and sub-national policy for Education for Sustainable Consumption (ESC) is one of the powerful instruments to influence sustainable consumption (SC) behaviour at both individual and organisational levels. This report addresses how to improve the capacity of policy makers and governments in formulating ESC policy. It also addresses the...
プレゼンテーション
8th International Conference of NAPSIPAG 2011
It has been widely regarded that policies and institutions that are adaptive in nature are better able to deal with the dynamic issues such as environmental degradation and climate change adaptation. However, verifying the veracity of this hypothesis is difficult often due to absence of long experience in climate change adaptation in most countries...
ディスカッションペーパー
National and sub-national policy for Education for Sustainable Consumption (ESC) is one of the powerful instruments to influence sustainable consumption (SC) behaviour at both individual and organisational levels. This paper will address how to improve the capacity of policy makers and government officers in formulating ESC policy. It will also...
プレゼンテーション
第22回全国大会(名古屋大会)
財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は東南アジア諸国連合(ASEAN)の環境的に持続可能な 都市作業部会(AWGESC)及び ASEAN 事務局と協力し、ASEAN 諸国を対象とした ESC モデル都 市プログラムを立上げ、2011年度より実施している。本プログラムは、2008 年 10月に開催された第1回東アジア首 脳 会 議 環 境 大 臣 会 合 に お いて 「 環 境 的 に 持 続 可 能 な 都 市(ESC)を環境協力の優先事項とする」ことが決定され、それを受け 2010 年 3 月に開催された第 1 回 ESC ハイレベルセミナ ー の 議 長 サ マ リ ー に お い て「東アジア域内においてモデル都市イニシアティブを推進していく」ことが決まり...
プレゼンテーション
Restoring Agriculture and Food Sector Aftermath of Great Tohoku Disaster: Implications for the Resilience of Japan
協力:
Prof. Hari Srinivas
The Great Tohoku Earthquake that occurred on 11th March 2011 is the most powerful earthquake in the known history of Japan. A chain of events unfolded after the earthquake that included a tsunami of historical magnitude that damaged critical infrastructure such as nuclear power plants located in Fukushima leading to release of unknown quantities of...
ブックチャプター
Greenhouse Gas Market Report 2011所収
Over the past decade, Japan has an emerging carbon market, which was non-existent before the Kyoto protocol. While there have been discussions regarding cap-and-trade at the national level, compulsory policies remain extremely controversial with particularly strong opposition from the industrial sector. Currently, Japan has decided neither to...
キーワード:
ポリシーレポート
2011年7月、財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は東日本大震災および福島第一原発事故後のエネルギー及び気候変動政策に関するアンケート調査を実施した。日本語と英語で調査票を世界各国に送付して総回答数710件を得た(回答者の内訳は日本人が61%で日本人以外が39%)。結果の概要は以下の通り。 日本における原子力発電およびエネルギー政策に関する質問では、49%が「1~2年以内」もしくは「2020年まで」に原子力発電所を操業停止して廃炉プロセスに入るべきと回答し、2050年までの段階的な廃止を含めると83%が日本における脱原発を支持した。原子力発電による電力供給量が減少した場合の対策として、90%が「再生可能エネルギーによる発電を増やす」を支持した(複数回答可)。「原発をやめるべきではない...
コメンタリー
国際協力キャリア総合情報サイト
協力:
地球環境戦略研究機関(IGES)で気候変動政策を研究する石鍋さん。気候変動問題の解決と平和な社会の構築に貢献したいという彼女だが、経歴はホテル・スクール、外資系投資銀行、国連開発計画、そして現職の環境シンクタンクという異色なもの。これら業界を選択した理由は何なのだろうか? 石鍋さんに尋ねた。
キーワード: