68件中 1~10件 (日付順)
コメンタリー
グリーンボンド等のグリーンファイナンスは拡大しつつあるが、そのインパクトは明らかになっていない。一方、「グリーンウォッシュ」や「インパクトウォッシュ」への懸念を背景に、インパクトの重要性は投資家の間でも認識されつつある。インパクトの基準を標準化することは困難な面もあるが、段階的にでもインパクトが比較可能な形で可視化されることは重要である。
キーワード:
データ/ツール
The IGES NDC Database compiles the main features of the Nationally Determined Contributions (NDCs), which were communicated by the Parties to the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) in order to present the targets and measures that will be taken in order to implement the Paris Agreement, according to countries’ national...
ワーキングペーパー
本ペーパーでは、グリーンファイナンスのなかで近年その市場規模が拡大しつつあるグリーンボンドに着目し、日本におけるグリーンボンド市場を更に拡大していくための政策提言を検討するため調査を行った 。グリーンボンド市場を拡大するためには、既にグリーンボンドを起債した発行体が継続的に発行すること、また、未起債の企業が新たに発行することの二種類が必要となる。本ペーパーでは、前者のグリーンボンドを過去起債した企業を対象に、グリーンボンドの発行体がグリーンボンドを戦略的な資金調達手段として位置付け継続的にグリーンボンドを発行していくためにはどのような課題があり、どのような制度的対応等が必要となるのかについて検討した。
ポリシーレポート
Climate change deepens poverty; whereas, researches have shown financial inclusion is one of the best ways to build resilience to the climate change effects. Inclusive green finance is an evolving policy area in which member institutions of the Alliance for Financial Inclusion (AFI) are beginning to implement policies, regulations and national...
委託報告書
パリ協定に掲げる今世紀後半に脱炭素社会(温室効果ガス排出量が正味ゼロの状態)を実現させるためには、経済成長が著しいアジアにおいて、持続可能な低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要である。近年、経済成長著しいアジアの都市では、急激な都市化により、資源やエネルギー消費量が増大し、交通量増加に伴う交通渋滞が頻発しており、生活や経済活動に伴う廃棄物、排水、排ガス、温室効果ガス(GHG)等の排出量が増加するなど、住民の生活環境の悪化を招いている。これらの都市の経済成長を維持しながら快適な生活環境を守っていくには、効率的な資源循環や省エネ施策を推進し、環境負荷を最小限に留める持続可能な都市形成にシフトしていかなければならない。 我が国は、開発途上国においてこのような取組を支援すべく...
ポリシーレポート
著者:
Chenet
Hugues
Hagedorn
Klaus
Hayne
Michael
Wakiyama
Takako
This report compares the energy and technology exposure of the Tokyo Stock Price Index (TOPIX) stock market index with the 2°C roadmap of the International Energy Agency (IEA). The analysis is based on a translation of this climate scenario into “2°C benchmarks” for investment portfolios, focusing on a 5-year window: 2016-2021. Such a 2°C benchmark...
キーワード:
テクニカルレポート
編者:
Pineda
José
Mueller
Gisèle
Under the Partnership for Action on Green Economy (PAGE), UN Environment collaborated with modelling experts from around the globe to develop the Integrated Green Economy Modelling (IGEM) framework that aims to better respond to countries’ needs in terms of analysing the cross- sectoral impacts of Green Economy (GE) policies, so as to incorporate...
ブリーフィングノート
This Briefing Note explores the implications for climate change, green finance, and Sustainable Development Goals (SDGs) of the G20 Summit which was held in Hamburg, Germany, on 7-8 July 2017. On climate, the final encouraging result was a consensus among all countries except for the US to maintain strong support for implementation of the Paris...
プレゼンテーション
The 5th Asian Energy Modelling Workshop on "Achieving a Sustainable 2050: Insights from energy system modelling"
著者:
This presentation introduced the Integrated Green Economy Modelling (IGEM) Framework and its application to modelling a carbon tax in Mexico. The presentation was based on the project of the development of an integrated green economy modelling framework led by the UN Environment, in collaboration with four modelling experts, namely Dr. Xin Zhou...
ワーキングペーパー
This paper goes through the three historical experiences of carbon taxation in France and provides a detailed overview of the past attempts and current challenges to effectively put a price on carbon. By analysing the characteristics of each case, it explains the reasons for failure and success in adopting such tax and tries to help the reader...