41件中 1~10件 (日付順)
プレゼンテーション

Resource efficiency and circular economy at multiple levels

T20 Kick-Off Meeting Task Force 3 Climate and Environmental Issues
著者:
It is to present a draft concept of policy brief on circular economy for T20 process.
キーワード:
プレゼンテーション
エコプロ2018シンポジウム「ゼロからわかる海洋プラスチック問題」
日時:12月6日(木)14:00~16:30 主 催:一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB) プログラム: ◆テーマ:「ゼロからわかる海洋プラスチック問題」 ◆JBIBの活動紹介と趣旨説明(14:00~14:15) JBIB事務局長 足立 直樹 趣旨説明 JBIBの活動紹介 ◆講演(14:15~15:55) 基調講演1. 磯辺篤彦氏  九州大学 教授 基調講演2. 堀田康彦氏  公益財団法人地球環境戦略研究機関 ディレクター/上席政策アナリスト 講  演   三沢行弘氏  WWFジャパン 自然保護室 海洋グループ 講  演   井上雄祐氏  環境省 環境再生・資源循環局 リサイクル推進室 室長補佐
プレゼンテーション
14th APRSCP 2018
著者:
Hirao
Masahiko
Tasaki
Tomohiro
Hotta presented about S-16 and APRSCP joint policy brief to contribute to the round table 4. Round Table 4 was organized in the following objectives. 1)To share challenges and opportunities of building networks and partnerships to encourage pooling of resources towards SCP policy and implementation 2)To discuss recommendations on how to form...
ポリシーレポート
著者:
Pierre
Fabienne
This report presents an overview of policies and initiatives related to sustainable consumption and production advanced by the governments of the African region. Although not pretending to present an exhaustive overview, the report was developed based on a broad literature review, including key reports produced by the UN Economic Commission for...
プレゼンテーション
The 13th Biennial International Conference on Ecobalance (Ecobalance 2018)
This poster presentation received The People's Choice Award at the 13th Biennial International Conference on Ecobalance, 9-12 Oct. 2018, Tokyo, Japan. The poster was selected among over 90 posters by the votes of the participants. The Paris Agreement envisions a net negative carbon society by the second half of the century. Existing studies on...
コメンタリー
This commentary summarises the key findings and implications of the study on Lifestyle Carbon Footprints: Long-term targets and case studies of the carbon footprints of household consumption. This study introduces and develops an approach to establishing lifestyle carbon footprints: greenhouse gases directly emitted during and indirectly induced by...
ディスカッションペーパー
循環経済(サーキュラーエコノミー)とは、資源循環を通じた経済の在り方であり、調達、生産、消費、廃棄といった一方向の流れではなく、リサイクル、再利用、再生産、省資源の製品開発、シェアリングなどを通じた資源循環の実現を目指す概念である。本稿では、欧州における政策開発や国際合意を背景に近年急速に機運が高まりつつある循環経済に焦点を当て、なぜいま世界的に循環経済が注目されているのか、またその実施に向けた動きをSDGsやビジネスの観点から概観している。
政策プロセスへの提言
著者:
Kol Mardi
Mao
Sam
Navuth
Vathanak Thida
Kim
Channarith
Keo
Akhmedkhodjaeva
Nodira
Uch
Rithy
Sam
Phalla
Grosso
Lara
Bunrith
Seng
Just like in any city, the waste management has always been a major societal issue for Phnom Penh. The monthly amount of disposed waste at the landfill more than doubled in the past decade owing to factors such as population growth, economic growth, changes in industrial structure and of people’s lifestyle. While Phnom Penh Capital Administration...
ポリシーレポート
著者:
Timmer
Vanessa
Appleby
Dwayne
Hallsworth
Cora
The North American region consists of the United States of America and Canada, two geographically large countries with populations, industries, and environmental concerns that are both diverse and deeply integrated. This report presents an overview of policies and initiatives related to sustainable consumption and production advanced by the...
プロシーディングス
環境科学会
SDG12は、持続可能な消費と生産(SCP)に関わるゴールである。現在、SCPは大きく2つの政策領域にまたがる形で議論がされている。 1つ目の領域は、循環経済である。パリ協定を受けた次の大テーマの最有力候補が、資源効率性の向上であり、循環経済である。天然資源の利用をなるべく削減し、循環資源の利用拡大を目指すものであるが、同時に、サービス化、デジタル化、シェアリングなどの新たなビジネス動向を含む動きとなっている。従来の廃棄物リサイクル分野での議論を越えるものとなってきている。 2つ目の領域は、持続可能なライフスタイルとインフラへの移行である。これは、製品単位の省エネルギー、省資源化、消費者の意識向上だけでは、SCP形態への移行が困難であるとの認識から発している。