15件中 1~10件 (日付順)
イシューブリーフ
編者:
The overall objective of the REDUCTIONS* project is to identify the potential for absolute resource and energy use reduction in production-consumption systems at all levels and to explore ways to realise this potential. The project has the ambition to generate knowledge-for-action and aims to propose science-based policies and strategies with a...
プロシーディングス
IGES関西研究センターは2009年11月19日、「家庭のCO2大幅削減に向けて ~国内外の先進事例から学ぶ家庭の低炭素化~」と題する国際シンポジウムを開催しました。本シンポジウムでは、英国や欧州での低炭素社会構築に向けた最新情報を紹介するとともに、家庭部門のCO2 排出量削減を目的としたユニークな取組みとしてIGESが実施している「うちエコ診断事業」についての紹介が行われました。パネルディスカッションでは、今後の低炭素社会の構築および家庭部門のCO2 排出量削減についての活発な議論がなされました。 Remarks: 日時:2009年11月19日(木)13時30分~16時30分 場所:クラウンプラザ神戸 主催:兵庫県、(財)地球環境戦略研究機関(IGES) 共催:兵庫県うちエコ協議会 後援...
ブックチャプター
A Comparative Study on Environmental Education between Countries toward Low-carbon, Green Growth所収
A Comparative Study on Environmental Education between Countries toward Low-carbon, Green Growth This study aims for reference to build the future environmental education policy in Korea, by comparing and understanding recent trends in environmental education in various countries related intimately with Korea. Research has been carried out from...
ポリシーブリーフ
アジア太平洋地域の発展途上国で進んでいる森林減少の最大の要因は、違法かつ持続可能でない伐採である。違法伐採によって木材輸入国が安価な木材を大量に輸入できる一方で、輸出国の自然環境、森林の管理・経営(ガバナンス)、そして森林に依存して暮らしている人々の生活が犠牲になっている。木材輸入国においても発展途上国の適正な森林管理を促進する義務があることを認識して、現在多くの政府が合法で持続可能な木材の調達を支援する公共調達政策を導入している。これは、持続可能な開発を進める上で国際貿易を活用する極めて重要な一歩である。 本ポリシー・ブリーフは、日本、英国、オランダ及びフランスで実施されている木材公共調達政策を比較し、各国の手法の共通点と相違点を検証しながら...
ポリシーブリーフ
This policy brief includes a comparative analysis between Japan's public timber procurement policy and those of several European countries. In addition to identifying a set of elements that public timber procurement policies must include to favour legal and sustainable timber, it provides recommendations for further strengthening Japan's policy on...