55件中 1~10件 (日付順)
プレゼンテーション
10th International Conference on Industrial Ecology
著者:
In this presentation, the characteristics of different consumer segments and their carbon footprints will be examined based on the analysis of consumer expenditure and time-use survey data. It utilises anonymised survey microdata and carbon intensity from existing EEIOA databases and focuses on in-depth analysis of the relationships between...
査読付論文
Remote Sensing所収
著者:
Jozdani
Shahab
Chen
Dongmei
With the advent of high-spatial resolution (HSR) satellite imagery, urban land use/land cover (LULC) mapping has become one of the most popular applications in remote sensing. Due to the importance of context information (e.g., size/shape/texture) for classifying urban LULC features, Geographic Object-Based Image Analysis (GEOBIA) techniques are...
プレゼンテーション
Climate Change Symposium: Changing By Degrees Multidisciplinary Approaches to Climate Change
著者:
Household consumption in the United States has significant impacts on climate change through the consumption of food, mobility, housing, consumer goods, leisure, and others. Consumer lifestyles and their climate change impacts vary significantly across consumer segments due to their household characteristics, and how they spend money and time. In...
その他アーティクル

米国大統領選挙における気候変動政策の位置付け

IGES Climate Updates所収
Remarks: http://www.iges.or.jp/jp/climate/climate_update/201609_tanaka.html
ブック
著者:
日本の「レンジャー」が体験したアメリカの国立公園での長期滞在ボランティア。それは、それまでの“アメリカの国立公園”観を覆す衝撃的な体験だった。国立公園到着の翌日から始まった体当たりのフィールドワーク、2度のアメリカ横断。2つの国立公園での長期研修と首都ワシントンでの内務省魚類野生生物局での実務研修を通じてようやく理解できたアメリカの自然保護政策とは!? ボランティアの活用、モニタリング調査、イメージ戦略など、国立公園を訪れただけではわからない舞台裏を、日米の国立公園と国立野生生物保護区の比較しながら描き出す。国立公園ボランティアへの応募や国立公園での生活の様子などもまじえながら、アメリカの国立公園でのボランティアの役割や活躍の様子なども紹介。なお...
プレゼンテーション

Presenting IGES-wide city work at WRI

World Resources Report Expert Roundtable, Washington D.C.
A collection of recent and on-going activities at IGES were presented to WRI experts. The presentation focused on three themes, namely: (1) tools and data; (2) research and projects; and (3) Networks.
査読付論文
ISPRS International Journal of Geo-Information所収
A new method was developed for mapping forest, agricultural, and urban land cover using remote sensing imagery. It is designed to better detect small land cover objects (e.g. small forest or agricultural patches) and monitor their change (e.g. fine-scale deforestation) using freely-available satellite imagery.
ディスカッションペーパー
2014年11月12日、米中首脳会談後の共同声明において、米国と中国が、以下のような温室効果ガス(GHG)の排出削減目標を発表した。 o 米国:2025年までにGHG排出量を2005年比で26~28%削減 o 中国:2030年頃までに、なるべく早い時期にCO2排出量を頭打ち(ピークアウト); 一次エネルギー消費における非化石燃料の割合を2030年までに約20%  本稿では、米中の2020年以降の温暖化対策目標について、既存文献で示される両国の排出経路シナリオと比較することにより、目標の野心度についての評価を行った。評価するに当たり、気温上昇2℃未満抑制に向けた排出経路との整合性、及び目標達成のための追加的な努力の必要性、という二つの評価軸を用いた。前者は環境十全性の視点から評価であり...