Citizen Participation

15件中 1~10件 (日付順)
ディスカッションペーパー
著者:
Kato
Takaaki
This paper examined whether a local government could promote international environmental cooperation through individual citizens’ carbon offsetting, in particular focusing on the perception effects of local government subsidies. The social survey was conducted for adult citizens in Kitakyushu city, Japan, who drive privately-owned vehicles, asking...
ワーキングペーパー
The 1st IWWG-ARB Symposium, 18-21 March 2013, Hokkaido University, Japan
著者:
Solid Waste Management (SWM) is considered to be one of the most serious environmental issues in the Philippines. The annual waste generation was estimated at 10 million tons in 2010 and this is expected to rise by 40% in 2020. The Republic Act (RA) 9003, otherwise known as the Ecological Solid Waste Management Act of 2000, provides the necessary...
ポリシーレポート
日本では、東日本大震災を契機に、エネルギー関連制度をめぐる改革論議が進んでいる。家庭向け電力供給サービスや省エネ機器の市場に新たな動きが見られ、家庭での節電の取り組みも定着が期待されている。本研究では、震災及び原子力発電所事故後の日本における、エネルギー制度改革に対する市民の態度、エネルギー関連市場における消費者行動、及び家庭での節電の新たな動向を把握するため、社会調査を実施した。調査設問は、以下に示すような制度面での動きや取り組みに対する市民の態度に関するものが主であるが、実際の行動に関するものも一部含まれる。 (1) 新たな制度改革に対する市民の態度 - 再生可能エネルギー固定価格買取制度 - 家庭部門の電力自由化 - 国レベルの建物の省エネ基準義務化 - 地域自立分散型エネルギー整備...
コンファレンスペーパー
EcoBalance2012
著者:
Kato
Takaaki
Himeshima
Eri
Hai Hoang
Qunag Van Tran
Citizens in Kitakyushu and Da Nang were surveyed. The provision of environmental information about Viet Nam, in particular, that regarding the Vietnamese people’s recognition of environmental issues in Da Nang, changed the views among Kitakyushu respondents regarding the most important areas of environmental cooperation and narrowed the gap between...
ポリシーブリーフ
国際社会では、持続可能な発展を促進する上で、地方自治体の役割への期待が高まっており、日本では、能力と国際志向に富む一部の地方自治体が、途上国との環境国際協力に積極的に取り組んできた。しかしそれらの自治体においても、近年は財政状況が悪化する中で、環境協力に対する市民の理解が得られにくくなることが懸念されている。  本ポリシー・ブリーフでは、地方自治体が環境国際協力の資金調達手段として、炭素クレジット、カーボンオフセット、エコポイント等を利用できる可能性があること、このほか、地域の環境教育や環境ビジネスとの連携という側面からの実施について、市民の理解が得られる可能性があることを紹介している。 環境国際協力のすぐれた実績を有する横浜市及び北九州市で実施された市民調査によれば...
ポリシーブリーフ
The global community is expecting local governments to play an increasingly important role in promoting sustainable development. However, the ability of local governments to do so, especially in some developed countries, may be weakening due to a possible decline in citizen interest and support as well as worsening fiscal and other constraints...
ディスカッションペーパー
著者:
Kato
Takaaki
This study explores the citizens’ attitude towards international collaboration on low carbon development in developing countries through voluntary carbon offsetting, using an experimental social survey in two Japanese large cities. In particular the authors focus on additionality of greenhouse gas emissions reductions through voluntary carbon...