UNFCCC

41件中 1~10件 (日付順)
データ/ツール
IGES CDM Investment Analysis Database aims to provide organised information that has been used for investment analysis to demonstrate the additionality of the project activities.The listed information helps users to search for specific information on each registered, rejected and withdrawn project more easily and it also enables them to use...
データ/ツール
IGES CDM Project Database aims at providing information to be utilized for research and analysis on the process of CDM project development, credit issuance, and the status of its procedures. The information of relevant items are extracted from the publicly available sources on the UNFCCC web-site. The UNFCCC Secretariat and IGES have signed a...
キーワード:
データ/ツール
IGES's GHG emissions database aims to compile the latest information on GHG and CO2 emissions, as reported annually by UNFCCC Annex I countries. The data covers the period from from 1990 up to two years before the submission date of the reports. This database also provides information on target compliance, in order to compare historical emission...
キーワード:
ワーキングペーパー
本稿は、2016年、国際民間航空機関(ICAO)の総会決議文書A39-3により創設された国際航空のためのカーボンオフセット及び削減スキーム(CORSIA)について、これまでのICAOにおける検討の経緯及び制度の概要について説明するとともに、UNFCCCとの関係性、とりわけパリ協定実施指針との関りを視野に、CORSIAの制度運用の在り方についても考察を行うことを目的とする。
データ/ツール
'CDM in Charts' is a booklet with a good reputation for providing a plain and easy-to-understand description of the Clean Development Mechanism (CDM). Remarks: This book is published by IGES as part of New Market Mechanism Capacity Building under the Ministry of the Environment, Japan. Previous versions of this book are archived: http://pub.iges.or...
プレゼンテーション
Enhanced transparency - Learning from implementation, facilitating negotiations
This presentation explains trends of national greenhouse gas (GHG) inventories in submitted biennial update reports (BURs) by developing countries under the UNFCCC. It illustrates country's progress in reporting GHG inventories in terms of methodologies used, gases and GWP used, and years reported with emissions data, etc. In some cases, countries...
ブリーフィングノート
国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第 23 回締約国会議(COP23)におけるREDD+に関する国際交渉について報告・分析するとともに、サイドイベント情報として「エミッション・ギャップ・レポート」における森林関連の報告とサプライチェーンにおけるゼロ・デフォレステーションを取り上げた。要点は以下の通りである: ・COP23における「REDD+の支援の調整」に関する交渉は合意には至らず、その糸口を見出すことも困難な状況にある。 ・REDD+の準備が進む国に対する成果支払いを実施していくことに加え、REDD+の気候変動適応や生態系サービス強化機能に着目してレディネス支援も継続し、参加国を増やすことが重要である。 ・植林と森林減少防止は、コストと実現可能性の観点から...
政策プロセスへの提言
This submission is the IGES’s view on agenda item 6 of the Ad-Hoc Working Group on the Paris Agreement (APA), “Matters relating to the global stocktake referred to in Article 14 of the Paris Agreement”. With a view to contributing the development of modalities of the global stocktake, it proposes the overall framework (consisted of technical and...
キーワード:
データ/ツール
IGES CDM投資分析データベースは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)下のCDM理事会にて登録・却下・取下げられたCDMプロジェクトの投資分析に関する公開情報を分かりやすく整理することを目的とし、それらの情報をデータベース化したものです。 本データべースは追加性の証明でベンチマーク分析を使用し、IRRを財務指標としているプロジェクトを対象としています。 2017年8月以降、日本語版データベースは更新されません。データベースの最新版にアクセスするには、下記の英語版を参照ください。 https://pub.iges.or.jp/pub/iges-cdm-investment-analysis-database データベースで使用される用語に関するガイダンスについては...