Capacity Building

47件中 1~10件 (日付順)
プレゼンテーション
Talanoa dialogue for support providers in South and East Asia
Capacity building support by means of international development projects is considered vital for developing countries to respond to the enhanced transparency framework of the Paris Agreement. While numerous transparency-related capacity building support has already taken place in the last 20 years, few attempts have been made to understand lessons...
プロシーディングス
著者:
Saito
Tsukasa
This proceeding is related to the “Training of Trainers’ workshop held on 15 October 2018 at Bengaluru, Karnataka, India which was conducted under the Japan-India Technology Matchmaking Platform (JITMAP), specifically as part of the activities under the project on evaluation and verification of CO2 emissions reduction technologies (TA project)...
プレゼンテーション
Workshop for sharing lessons learned from the JCM implementation in Asia and Pacific
An Enhanced Transparency Framework (ETF) of the Paris Agreement encourages developing countries to provide information on capacity-building needs. However, by looking into how different countries reported on capacity-building needs under existing reporting arrangement of the UNFCCC, there appear to be rooms for improvements on how countries...
委託報告書
急激に都市化する開発途上国の都市においては、経済成長を維持しながら快適で持続可能な都市環境を実現していくために、効率的な資源循環や省エネ施策を推進し、環境負荷を最小限に留める「低炭素でレジリエントな持続可能な社会」への移行が重要な課題となっている。昨今、様々な国際的な枠組において、都市・自治体を含む非国家主体の重要性が認識されてきている。本業務では、このような都市の重要性に鑑み、本邦自治体や企業が有する都市の環境改善ノウハウや技術等を開発途上国の都市の課題やニーズに合致した形で提供することにより、都市間連携の強化を図ることを目的に、自治体のニーズ等の調査、パイロット研修の実施や情報発信業務を行った。
テクニカルレポート
This report is related to the FS on the potential application of compressed air system and FEMS which was conducted on August 22, 2016 at Renault Nissan Automotive India Pvt. Ltd. Five feasibility studies (FS) on the potential application of Japanese low carbon technologies, namely compressed air system, factory energy management system (FEMS) were...
委託報告書
2016年度 環境省より「海外におけるCO2排出削減 技術評価・検証事業委託業務」の実施について委託を受け、アジア工科大学(AIT)及び国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)と連携し、調査、研修等を実施した。 本業務においては、エネルギー対策特別会計を用いた海外でのCO2 排出削減事業の効果測定、優先順位付け等に貢献することを目的に、以下の業務を実施した。  * JCM 事業の検証とさらなる戦略強化  * 国際機関と連携した低炭素技術普及の推進  * 低炭素技術の途上国への普及に資する手段、機会の分析、戦略等の提案  * 先進諸国等の技術移転スキームに関する調査 本書は本委託業務の実施報告書。
テクニカルレポート
This report is related to the FS on the potential application of compressed air system and FEMS which was conducted on August 24, 2016 at Kyowa Castec India Pvt. Ltd. Five feasibility studies (FS) on the potential application of Japanese low carbon technologies, namely compressed air system, factory energy management system (FEMS) were conducted in...
テクニカルレポート
This report is related to the FS on the potential application of compressed air system and FEMS which was conducted on August 23, 2016 at Fourrts (India) Laboratories Pvt. Ltd. Five feasibility studies (FS) on the potential application of Japanese low carbon technologies, namely compressed air system, factory energy management system (FEMS) were...
プロシーディングス
環境省の委託事業「平成 28 年度海外における CO2 排出削減技術評価・検証事業」においても、その事業の一環として「アジア太平洋島嶼国における日本・IRENA 共催再生可能エネルギー導入支援研修」を2017 年2 月6 日~10 日に東京及び兵庫県において実施した。本研修には、アジア太平洋島嶼国 12 ヵ国(クック諸島、ミクロネシア、フィジー、モルディブ、ナウル、パラオ、パプアニューギニア、サモア、ソロモン諸島、トンガ、ツバル、バヌアツ)の行政官らが参加した。 アジア太平洋島嶼国などにおける再エネの普及促進を後押しする政策・制度的枠組の構築及びその人材育成等に資するため、「アジア太平洋島嶼国における日本・IRENA 共催再生可能エネルギー導入支援研修」を開催するために必要な業務を行った。...
テクニカルレポート
This report is related to the FS on the potential application of compressed air system and FEMS which was conducted on August 25, 2016 at HOSPIRA HEALTHCARE INDIA PVT. LTD. Five feasibility studies (FS) on the potential application of Japanese low carbon technologies, namely compressed air system, factory energy management system (FEMS) were...