Developing Countries

31件中 1~10件 (日付順)
査読付論文
廃棄物資源循環学会誌所収
著者:
Kojima
Michikazu
2001年に,OECD (経済開発協力機構) が拡大生産者責任 (EPR) 政策の政府向けガイダンスマニュアルを発表して以来,EPRの原則に基づいた使用済み製品の引き取り・リサイクル政策は,導入国数,政策の対象とする製品ともに拡充してきている。不適切な廃棄物管理やインフォーマルなリサイクル活動による環境負荷や社会問題に直面してきた途上国では,EPR政策の導入がある種の希望をもってみられてきた。本論文では,アジア新興国・途上国でのEPR政策の展開を紹介し,途上国でEPR政策を導入する上での課題を整理する。その上で,OECD政策ガイダンス改訂版はこれらの途上国の抱える課題にどう応えているかを論じる。最後に,途上国のリサイクル政策へのEPR適用の経験から何が学べるのかについて,論じる。
査読付論文
Environmental Science & Policy所収
著者:
Kato
Takaaki
This study uses an experimental social survey in two large Japanese cities to explore citizens’ attitudes toward international voluntary carbon offsetting that encourages low carbon development in developing countries. In particular, the study focuses on whether the offsetting is a contribution to meet national target of greenhouse gas (GHG)...
プロシーディングス
Kankyo Kagaku Kai 2011 Nenkai Shimpojiumu
著者:
Kato
Takaaki
横浜市、北九州市において社会調査を実施し、市民の自発的なカーボンオフセットを通じた途上国低炭素型発展への貢献可能性について検討した。日本政府の京都議定書達成目標を超えて温室効果ガス排出を削減する世界貢献型オフセットがさらに利用される可能性はあるが、オフセットの理解が不足していることのほか、環境に対する責任感及び国内への貢献に対する選好が阻害要因として示唆されることが示された。
査読付論文
Waste Management & Research所収
The amount of e-waste is growing rapidly in developing countries, and the health and environmental problems resulting from poor management of this waste have become a concern for policy makers. In response to these challenges, a number of Asian developing countries have been inspired by policy developments in OECD countries, and have drafted...
コンファレンスペーパー
Regional Development Dialogue (RDD)
This paper reviews current status of urban solid waste management in Cambodia and Thailand, and describes three urban organic waste utilization projects based on composting and anaerobic digestion. The multiple benefits of these three case studies are analysed, including the effects on solid waste management, agriculture and food production, energy...