NDC

7件中 1~7件 (日付順)
データ/ツール
The IGES NDC Database compiles the main features of the Nationally Determined Contributions (NDCs), which were communicated by the Parties to the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) in order to present the targets and measures that will be taken in order to implement the Paris Agreement, according to countries’ national...
プレゼンテーション
BUAA-NIES Bilateral Workshop on Integrated Assessment of Health Co-benefits of Climate Change Mitigation Policy
This presentation highlights the following topics. - Relationships between 2030 mitigation target (NDC) and co-benefits such as health care and air pollution. - Assessment on the ambition of current Japan’s NDC by comparative study for model analysis and historical trend. - Showing an example on how to utilize or deliver the results from IAM models...
キーワード:
プレゼンテーション
シリーズ:脱炭素化社会構築に向けた挑戦 第二回報告会「日本の長期戦略を考える」
日本の中期目標(NDC)の引き上げ可能性について、以下の論文の研究成果に基づき発表を行った。 A. Kuriyama, K. Tamura, T. Kuramochi, Can Japan enhance its 2030 greenhouse gas emission reduction targets? Assessment of economic and energy-related assumptions in Japan’s NDC, Energy Policy. 130 (2019) 328–340. doi:10.1016/j.enpol.2019.03.055.
キーワード:
ポリシーレポート
IGES Policy Report
将来のCO2排出量は、経済規模、産業構造といった「社会的前提要素」 と、気候変動政策の対象となるエネルギー効率、エネルギーの供給構成などの「対策対象要素」によって左右される(図a参照)。本稿は、日本の国別緩和目標(NDC 1)に記載される2030年GHG削減目標(以下、NDC目標)におけるエネルギー起源CO2排出量(以下、CO2排出量)に着目し、社会的前提要素(実質GDP)及び対策対象要素(実質GDP当たりの最終エネルギー消費量、最終エネルギー消費当たりのCO2排出量)がどのような水準であるのか考察 することを目的に、各要素について、既往の統計や研究等による推定結果と比較した。さらに、個々の要素の変化に対しCO2排出量がどのように変化するか、定量分析(感度分析)及びLMDI法...
コンファレンスペーパー
41st IAEE International Conference
著者:
FUJIMORI
Shinichiro
KAINUMA
Mikiko
The achievement of long-term targets for climate mitigation in Japan faces several uncertainties with respect to the availability of power generation technologies. Starting with the difficult situation of nuclear power deployment after the 2011 events, the effect of technological constraints on the reduction of large amounts of greenhouse gases...
査読付論文
環境情報科学 学術研究論文集所収
著者:
本論の目的は,インドネシアの気候変動緩和対策の現状を明らかにし,また,その実施上の課題を明確化することである。特に政権交代後の政策面や組織・調整面の動向に着目し,潜在的な課題・阻害要因につき,インタビュー調査や文献調査により検討を行う。その結果,関係ステークホルダー間の連携や調整の強化,緩和計画などの政策面の強化が今後の緩和対策実施上の課題として確認された。
キーワード:
ワーキングペーパー
This paper tries to capture the main characteristics of financial components of Intended Nationally Determined Contributions (INDCs), in order to deepen understanding of developing countries’ financial needs. Such analysis will help developed countries and other countries consider provisions of financial support to developing countries. For this...
キーワード: