Resource Circulation

7件中 1~7件 (日付順)
イシューブリーフ
Socio-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS) can contribute to global goals for biodiversity conservation and dealing with climate change, while also contributing locally to human security and wellbeing. SEPLS are, however, under threat around the world. SEPLS have been promoted under the Satoyama Initiative by the International...
ファクトシート
This factsheet was developed as a follow-up of the Toyama Framework on Material Cycles and the 5-year Bologna Roadmap produced by the G7 Alliance on Resource Efficiency under the initiative of Ministry of the Environment, Japan. The results were compiled by the Institute for Global Environmental Strategies (IGES). Full report on “Our Actions for a...
プレゼンテーション
Asia Resource Circulation Policy Research Open Symposium ”How to Establish Sound Material Cycle Society and Green Economy in Developing Asia?”
2009年にアジア3R推進フォーラムが、アジア及び太平洋の島嶼国の参加により、国際協力の枠組みとして発足した。アジア3R推進フォーラムに期待される機能の一つは、参加国に対して国際共同研究に基づいた政策に役立つ助言を提供することにある。これを受けて、中国、タイ、マレーシア、ベトナム、フィリピン、台湾、日本から8つの機関が参加して2009年に発足した国際共同研究が「アジア資源循環研究」である。 アジア資源循環研究は、3R政策の実施に役立つ知識を創造することへの高まるニーズに応えることを目的とし、気候変動対策および廃棄物管理の双方の課題の改善につながる3R政策や、途上国での3R政策実施の改善、技術移転の課題等について研究を行ってきた。本研究の成果を活用し、アジアでの持続可能な資源循環の構築へ向けた...
査読付論文
Resources Policy所収
This study tests whether an international market exists in the platinum-group metal (PGM) futures markets. For this purpose, we tested the law of one price (LOP) and the causality between the U.S. and Japanese platinum and palladium futures markets. We also performed the test when structural breaks are considered. Long-run price relationships were...
査読付論文
Waste Management & Research所収
The amount of e-waste is growing rapidly in developing countries, and the health and environmental problems resulting from poor management of this waste have become a concern for policy makers. In response to these challenges, a number of Asian developing countries have been inspired by policy developments in OECD countries, and have drafted...
その他アーティクル
季刊 環境研究所収
本稿は、アジアにおける循環政策の進展状況を概観し、運用面での課題を整理する。また、我が国の資源循環分野での国際協力の方向性について、日本1カ国がリードするのではなく、アジア3R推進フォーラム等を活用して、各国との政策連携、支援プログラム間の連携により達成する必要があると論ずる。各国の静脈経済の組織化に応じた段階的な循環政策の推進に協力する一方で、今後は、資源利用の抑制をアジア全体の課題として発信していくことが重要となる。