Sustainable Consumption and Production

44件中 1~10件 (日付順)
ブリーフィングノート
UNEA4では、会合全体のテーマである「環境的課題と持続可能な消費と生産のための革新的な解決策(Innovative Solutions for Environmental Challenges and Sustainable Consumption and Production)」に見られるように、SCPが環境・持続可能性の課題を解決する上で鍵となる横断的なアジェンダとして注目を集めた。本ブリーフィングノートでは、UNEA4におけるSCPに関する議論を採択された決議を踏まえて概観し、循環経済と資源効率、持続可能なインフラ・移動などの横断的な領域、持続可能なライフスタイルへの転換の3つの文脈から整理する。さらに、持続可能なライフスタイルに関する分析の一例として...
ポリシーレポート
著者:
Timmer
Vanessa
Appleby
Dwayne
Hallsworth
Cora
The North American region consists of the United States of America and Canada, two geographically large countries with populations, industries, and environmental concerns that are both diverse and deeply integrated. This report presents an overview of policies and initiatives related to sustainable consumption and production advanced by the...
プレゼンテーション
The 9th biennial conference of the International Society for Industrial Ecology (ISIE) and the 25th annual conference of the International Symposium on Sustainable Systems and Technology (ISSST)
Sustainable Consumption and Production (SCP) has gained increasing importance to sustainability policy, featuring prominently in global policy frameworks, including the United Nations’ 10-year framework of programmes for SCP (10YFP) and as both Goal 12 and a cross-cuttting objective of the Sustainable Development Goals (SDGs). The question remains...
その他アーティクル
SRIDジャーナル / Journal of the Societies of Researchers for International Development (SRID)所収
著者:
SDGs やパリ協定の実施へ向けて開発協力のあり方は大きな転換点にある。SDGs における目標間のトレードオフおよび両合意による大幅な低炭素化・資源効率性の向上という要請を踏まえ、途上国・新興国・先進国それぞれにおいてライフスタイルやビジネスモデルを含めた経済社会と生産・消費パターンの変革が求められている。本論説では、SDGs とパリ協定の達成へ向けた開発協力の今後の展望として、(1)指標の設計、(2)調整・統合された戦略・計画、(2)持続可能な都市やコミュニティのモデルプロジェクト実施、(4)戦略的持続可能性アセスメントの導入に関する4点を提言した。 The mode of the conventional development cooperation is at the turning...
プレゼンテーション
東京都市大学/IGES/SPEED研究会共催特別セミナー「持続可能な開発目標元年を振り返る」
2016年12月8日に開催された 東京都市大学/IGES/SPEED研究会共催特別セミナー「持続可能な開発目標元年を振り返る」において、IGES SCPエリア・エリアリーダー堀田康彦が、「持続可能な消費と生産(SCP):持続可能な開発目標(SDGs)合意後の新たな政策動向」と題する講演を行った。これは、本年から開始された環境研究総合推進費・戦略的研究開発領域課題(S-16)の成果などを活用したものである。
プレゼンテーション

持続可能な消費と生産

神戸CSR研究会東京支部第15回例会
2016年12月に開催された神戸CSR研究会東京支部第15回例会において、持続可能な消費と生産に関する国際的な政策動向および、充足性アプローチと言う観点から、堀田康彦SCPエリアリーダーが発表を行った。
プレゼンテーション
第22回 日本LCA学会・LCA日本フォーラム共催 講演会「持続可能な消費・生産に向けたライフサイクル思考の役割」
2016年12月15日に開催された 第22回日本LCA学会・LCA日本フォーラム共催講演会において、IGES SCPエリア・エリアリーダー堀田康彦が、「アジアにおけるSCPに向けた国際連携」と題する講演を行った。これは、本年から開始された環境研究総合推進費・戦略的研究開発領域課題(S-16)の成果などを活用したものである。
プレゼンテーション
11th Policy Forum of Seoul Initiative Network on Green Growth
This presentation, delivered at the 11th Policy Forum of the Seoul Initiative Network on Green Growth (SINGG), held in Seoul, Korea 7-9 September 2016, co-organized by the United Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific (ESCAP) and the Ministry of Environment, Korea and , discusses international cooperation on the resource...
ワーキングペーパー

Reducing Environmental Degradation & Unsustainable Consumption Trends & Impacts on Nature & Society

著者:
Timmer
Vanessa
Prinet
Emmanuel
Appleby, Dwayne
Reese
William
Timmer
Dagmar
Shaikh
Sharlene
Remarks: Background Paper for Expert Workshop on: Towards Reductions, held at Wuppertal Institute, 18 - 19 March, 2013