適応計画策定における各国の取り組み:アジア太平洋地域における気候変動影響評価および適応計画策定に関する能力向上ワークショップシリーズからの経験と教訓

ポリシーレポート

2014年の国連気候サミットにおいて、日本は開発途上国の適応能力を包括的に支援することを目的とした適応イニシアチブを発表した。適応イニシアチブには、科学的知識に基づいた適応計画策定、および開発途上国が気候変動影響評価を更新するための能力開発に関する支援が含まれる。同イニシアチブの一環として、環境省は地球環境戦略研究機関(IGES)と共同で、アジア太平洋地域の国々を対象に、国別適応計画(NAP)策定および関連する政策の推進における各国の政府関係者およびその他のステークホルダーの能力構築に貢献するために、一連のワークショップシリーズ「アジア太平洋地域における気候変動影響評価および適応計画策定に関する能力向上」を開催してきた。本ワークショップシリーズは、2015年から開始され、アジア太平洋地域14カ国の代表が参加し、これまでに合計4回開催されている。本報告書は、このワークショップシリーズからの経験と教訓を反映している。

日付:
トピック: