環境産業プロジェクト 最終報告書

ディスカッションペーパー

本報告書はアジア・太平洋地域の4カ国、中国、インド、インドネシア、韓国の環境産業に焦点を当てたものである。これら諸国はそれぞれ異なった環境産業の発展段階にあり、調査対象国として選択した。報告書はこれら4カ国の環境破壊の現状、環境産業の現状、政府の主な環境産業育成策、2国間および国際機関による援助、多国籍企業の活動がもたらした環境産業発展への貢献、等を概観、評価する。

報告書は3章から構成される。第1章は、プロジェクトの目的と紹介、主要な研究成果と提言である。第2章は、中国、インド、インドネシア、韓国の環境産業、調査対象4カ国の環境産業に対する2国間援助(日本を除く)、国際機関、多国籍企業の貢献、中小企業の環境産業発展への貢献等によって構成される。第 3章は、アジアの環境産業発展への日本の役割が扱われ、北九州市による都市間環境国際協力、調査対象4カ国の環境産業への日本のODA、多国籍企業の役割等が扱われる。

Remarks:

Environmental Industry Development in Selected Asian Developing Countries: China, India, Indonesia, and Republic of Korea (Full text in English):
http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=1510

日付: