東南アジアにおける小農主体型新興木材生産地形成の比較 -インドネシア、ベトナム、フィリピン、タイを中心に

Event: 林業経済学会2018年秋季大会
Date: 18 Nov. 2018
プレゼンテーション

近年住民による木材生産が増加しているインドネシア、ベトナム、フィリピン、タイについて、以下の点を明らかにした
・方法論の課題:各国で住民による林業・木材生産の動向が把握できる既存の統計データはどのようなものがあるか?国間で比較可能なデータが存在するか?
・(それらのデータを利用して推測できる)各国の住民林業・木材生産の動向

著者:
Iwanaga
Seiji
Onda
Nariaki
Shiga
Kaori
Fujiwara
Takahiro
Hayahune
Machi
Tachibana
Satoshi
日付:
トピック: