11件中 1~10件 (日付順)
プロジェクト
更新: 2019年12月

UNFCCC COP25 特集

12月2日から12月13日まで、スペイン・マドリードにて国連気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)が開催されています。このページでは、IGES研究員によるCOP25に関する解説記事や、IGESが出版した関連出版物、COP25開催期間中のサイドイベントの情報などをご紹介します。
プロジェクト
更新: 2019年12月

UNFCCC COP 特集

国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)と、その補助期間会合(SB)に関する情報のまとめページです。毎年開催されるCOPについて、IGESからの提言、IGESオリジナルの解説記事、交渉の様子や現地で行われるイベント情報、重要レポートや決議文書の翻訳・解説などをお届けします。 2011年のCOP17以降の記事をご覧いただけます。
プロジェクト
更新: 2019年11月

日本語で読むグローバル環境評価報告書シリーズ

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の特別報告書をはじめ、世界には様々な環境評価報告書があります。IGESでは、その中でも特に重要な物やIGESの研究員が執筆に関わったものなどを中心に日本語翻訳版や日本語による解説ハンドブックを作成しています。このページでは、これまでに発表した日本語翻訳版ならびにハンドブック、関連する解説記事等を紹介しています。
プロジェクト
更新: 2019年11月

気候変動データベース

IGESは、10年以上にわたり、IGES 気候変動データベースを開発してまいりました。本データベースは、気候変動政策や持続可能な開発のプロジェクトに関する独自のデータを蓄積し、分析・要約及び図表により、深い洞察を提供しています。IGESの研究員が本データベースを開発し、定期的に更新しています。その更新頻度は、世界情勢を踏まえ、各データベースの優先レベルによって異なります。IGESの他の活動と関連し、付加価値の提供に努めるとともに、信頼性・透明性・適時性の原則に基づき、出版物やデータベースの開発...
プロジェクト
更新: 2019年10月

UNFCCC COP24 特集

2018年12月2日~14日 ポーランド・カトヴィツェで開催されるCOP24における国際交渉の速報、イベント情報等をタイムリーに発信するCOP24特集ページです。
プロジェクト
更新: 2019年10月

G20サミット特集

2019年6月、G20の関係閣僚会合としては初めて「G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」が開催されます。IGESでは本会合およびG20に対して提言を行うことを目的とする、各国の科学アカデミーからなるSience20(S20)、シンクタンク関係者等から構成されるThink20(T20)にも貢献しています。このページではG20に加え、S20、T20に関連する情報や、解説記事、関連のリンクなどをご紹介しています。
プロジェクト
更新: 2019年10月

IPCC 第48回総会と1.5℃特別報告書

2018年10月1日~6日、韓国のIncheonで開催された気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第48回会合に関する情報と、その「1.5℃特別報告書」に関する情報をまとめたページです。
プロジェクト
更新: 2019年10月

国連環境総会(UNEA)特集

2019年3月11日から15日にかけて、ケニア・ナイロビで第4回国連環境総会(UNEA4)が「環境的課題と持続可能な消費と生産のための革新的な解決策(Innovative Solutions for Environmental Challenges and Sustainable Consumption and Production)」をテーマに開催されました。
プロジェクト
更新: 2019年10月

国連気候行動サミット/SDGs サミット特集

2019年9月23日、ニューヨークの国連本部で開催された「国連気候行動サミット2019」。アントニオ・グテーレス国連事務総長はすべてのリーダーに対し、今後10年間で温室効果ガス排出量を45%削減し、2050年までに正味ゼロ・エミッションを達成するために、2020年までに自国が決定する貢献(NDCs)を強化するための具体的、現実的計画を持って、国連気候行動サミットに参集するよう呼びかけました。 さらに、この気候行動サミットの直後には、同じ国連本部で「SDGs Summit 2019...
プロジェクト
更新: 2019年9月

循環経済と資源効率

近年、循環経済(サーキュラー・エコノミー:Circular Economy)と資源効率は、気候変動とともにG7/G20プロセスや持続可能な開発アジェンダにおける中心的課題となっています。循環経済とは、資源循環を通じた経済の在り方であり、調達、生産、消費、廃棄といった一方向の流れではなく、 リサイクル、再利用、再生産、省資源の製品開発、シェアリングなどを通じた資源循環の実現を目指す概念です。