加藤 瑞紀

35件中 1~10件目を表示中 (日付順)
ポリシーレポート
著者:
Global Reporting Initiative
UN Principles for Responsible Investment
United Nations Global Compact
~本文より~ 本書は、投資家が有益と考える可能性が最も高い、SDGsに言及する企業報告書の主要パラメータに関する視点と推奨事項を提供する。また、企業が投資家の意思決定プロセスへ効果的に情報を提供できる形で、自社の企業報告にSDGsに関連する情報を含める一助となることを目指している。本書は、SDGsに関する情報を企業報告のプロセスに統合する企業のサステナビリティ報告の担当者を対象としており、投資家が企業のSDGsへの取組にエンゲージメントする助けとなりうる。 Remarks: 英語版はGRI、PRIと国連グローバル・コンパクトの発行物であり、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)協力の下、IGESが翻訳作業を行いました。 同シリーズの「実践ガイド...
キーワード:
ポリシーレポート
著者:
International Resource Panel
GRO2019の内容をコンパクトにまとめた政策決定者向け要約(SPM:Summary for Policymakers)の日本語版。資源効率性、気候緩和、炭素除去、並びに生物多様性保護の政策を組み合わせることにより、経済を成長させ、人々の幸福度を増やし、プラネタリーバウンダリー(地球の限界)内に留まることができる可能性を示している。
ポリシーレポート
著者:
G7 Resource Efficiency Alliance Members
This synthesis report has been produced as a follow-up activity of the G7 Alliance on Resource Efficiency on both the Toyama Framework on Material Cycles (2016) and the 5-year Bologna Roadmap (2017) adopted at the G7 Environment Ministers’ Meetings, conducted under an initiative of the Ministry of the Environment, Japan. Reports on actions by the...
ファクトシート
This factsheet was developed as a follow-up of the Toyama Framework on Material Cycles and the 5-year Bologna Roadmap produced by the G7 Alliance on Resource Efficiency under the initiative of Ministry of the Environment, Japan. The results were compiled by the Institute for Global Environmental Strategies (IGES). Full report on “Our Actions for a...
プレゼンテーション

Comparative Analysis of Plastic Waste Management and Circular Economy Policy in ASEAN Countries

Japan-Europe Dialogue 2019
The slides were presented in the stakeholder workshop, Japan-Europe Dialogue 2019, held at YCU (Yokohama City University) in April 2019. This presentation tries to identify the current policy status of plastics/marine litter issues in the ASEAN region as an initial finding of the commissioned research project.
委託報告書

平成30年度 環境及び持続可能な社会の分野における経済協力開発機構(OECD)との連携に係る 調査等業務 業務報告書

平成30年度環境及び持続可能な社会の分野における経済協力開発機構(OECD)との連携に係る調査等業務 業務報告書
委託報告書
平成30年度多国間協力を通じた3R推進に関する調査業務では、UNEP国際資源パネル(IRP)および経済協力開発機構(OECD)資源生産性廃棄物作業部会(WPRPW)支援業務を実施した。この他、G7資源効率性アライアンス支援、富山物質循環フレームワークフォローアップ調査、並びに循環経済促進のためのプラットフォーム(PACE)の活動支援等を実施した。
ディスカッションペーパー
循環経済(サーキュラーエコノミー)とは、資源循環を通じた経済の在り方であり、調達、生産、消費、廃棄といった一方向の流れではなく、リサイクル、再利用、再生産、省資源の製品開発、シェアリングなどを通じた資源循環の実現を目指す概念である。本稿では、欧州における政策開発や国際合意を背景に近年急速に機運が高まりつつある循環経済に焦点を当て、なぜいま世界的に循環経済が注目されているのか、またその実施に向けた動きをSDGsやビジネスの観点から概観している。
プレゼンテーション

International processes and examples of policy response in Asia-Pacific - Possible research areas by IGES

UK/Japan Stakeholder Workshop
This presentation was prepared for the workshop held in the UK in September 2018. This describes the overview of the current policy status on marine plastics. In the concluding part, it is also presented about the possible areas IGES can contribute to the future collaborative research project.

お探しのプロジェクトは見つかりませんでした。