Results 1 - 10 of 11 (Sorted by date)
Policy Brief

Low Carbon Urban Infrastructure Investment: Cases of China, Indonesia, and Japan

APN Global Change Perspectives
Author:
Joni Jupesta
Ping Jiang
Policy Brief
2012年12月のCOP18(カタール・ドーハ)において、日本をはじめ京都議定書第2約束期間に数値目標を提示しない国の京都メカニズムへの参加には大きな制限が課せられることとなりました。 本ポリシー・ブリーフでは、COP18決定による日本の京都メカニズム利用に関する制限を踏まえて、2013年以降に日本が取得可能な京都ユニットに対してもたらす影響を定量的に推計するとともに政策的な意味について考察しています。
Policy Brief
A series of decisions made at COP18 in Doha, Qatar imposes considerable restrictions on the use of the Kyoto mechanisms by countries that do not submit greenhouse gas reduction targets for the second commitment period of the Kyoto Protocol, including Japan. This policy brief overviews the limits to Japan’s use of the Kyoto mechanisms due to the...
Policy Brief
This brief aims to classify the MRV (Measuring or Monitoring, Reporting and Verification) system of GHG emissions/reductions according to its object, aim, methodology and implementation body to demonstrate that there are significant differences between each type of MRV system. It also suggests the need to develop of new type of MRV system for...
Keywords:
MRV
Policy Brief
本ポリシー・ブリーフでは、温室効果ガス排出量/削減量のMRV(計測・報告・検証)の仕組みをその目的、対象、実施主体、方法の観点から4種類に類型化し、それぞれのMRVの内容や政策的課題に大きな違いがあることを示しています。また、途上国による適切な緩和行動(NAMA)の政策的評価のためには、既存のMRVとは異なった発想に基づく「政策・施策によるGHG削減量定量化」のための新たなMRVの仕組みの構築が必要であることを明らかにしています。 Remarks: English version: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=4169
Keywords:
MRV
Policy Brief
Despite its conceptual ambiguity, NAMA (Nationally Appropriate Mitigation Actions) provides a practical opportunity for developing countries to achieve low-carbon development. This policy brief assesses the formulation process of NAMAs in selected Southeast Asian countries with three essential criteria: technical, mainstreaming and institutional....
Policy Brief
1997年に採択された京都議定書は、先進工業各国毎に異なる温室効果ガスの排出抑制・削減義務を課し、第一約束期間中(2008〜12年)に先進工業国全体として温室効果ガスを1990年比で少なくとも5%削減することを目標として定めている。国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局が、2006年5月にとりまとめた京都議定書目標達成に向けた進捗状況に関する報告書(FCCC/SBI/2006/INF.2)によると、議定書批准先進工業諸国の2003年の総排出量は、経済移行国で経済活動が停滞したため、1990年比で6.2%減少し、先進工業諸国全体での削減目標については達成できそうな見通しである。他方で、各国の状況を個別に見てみると、日本やEUの一部の国は、目標達成が危うい状 況にある。...
Policy Brief
The Kyoto Protocol, adopted in 1997, committed industrialised countries to accept legally-binding targets to reduce greenhouse gas (GHG) emissions collectively by an average of 5% below 1990 levels in the first commitment period from 2008 to 2012. According to the latest report by the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC)...