Results 1 - 10 of 85 (Sorted by date)
Presentation

短寿命気候汚染物質(SLCPs)の削減に関する現状と展望

Remarks: 2013年度 IGES地球環境セミナー ~COP19結果速報と今後の展望~ 配布冊子収録
Presentation

Japanese initiative for climate change mitigation

PR, Newsletter or Other
Climate Edge
Remarks: 「クライメート・エッジ」は、気候変動問題を巡る国際交渉の動向や研究成果等、最新の情報を紹介し、官公庁、研究者・学会、マスコミ向けに発行しているIGES気候変動とエネルギー領域のニュースレターです。 気候変動対策の国際交渉や研究に関する旬な話題、日本国内やアジア各国の気候変動およびエネルギー政策の制度設計や将来への展望についてのエッジをきかせた提言、アジア地域を含む主要国の気候変動およびエネルギー政策に関する最新の動きや専門家からの特別寄稿も織り込んでいます。
Policy Report
Author:
Smita
NAKHOODA
Taryn
FRANSEN
Alice
CARAVANI
Annalisa
PRIZZON
Helen
TILLEY
Aidy
HALIMANJAYA
Bryn
WELHAM
Developed countries committed to provide US$ 30 billion in new and additional climate finance between 2010 and 2012 under the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC). This ‘Fast-Start Finance’ (FSF) was an initial step towards mobilising climate finance at a level that reflects the adaptation and mitigation challenges these...
Policy Report
Author:
Smita
NAKHOODA
Taryn
FRANSEN
Alice
CARAVANI
Annalisa
PRIZZON
Helen
TILLEY
Aidy
HALIMANJAYA
Bryn
WELHAM
気候変動対策のための途上国への資金支援については、2009年の国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)第15回締約国会議にて留意されたコペンハーゲン合意において、先進国締約国は2つの目標を打ち出した。一つは「長期資金」(LTF: Long-Term Finance)として2020年までに多様な財源から年間計1000億米ドルを動員すること、そして二つ目は「短期資金」(FSF:Fast-Start Finance)として2010年から2012年までの3カ年で計300億米ドルの「新規かつ追加的」な支援を動員すること、であった。 このFSFは、途上国における緩和及び適応対策に十分な資金を調達するための長い道のりの中の第一歩であった。FSF実施期間は、世界的金融危機の発生後であり...
Data or Tool
Author:
World Resources Institute
Overseas Development Institute
Climate Advisers
This workbook contains data from a detailed review of the 2010-2012 fast-start finance (FSF) contributions of five countries reporting the largest FSF contributions (Germany, Japan, Norway, the UK, and the USA) and from a supplemental review of the remaining FSF contributions from 31 additional countries and the European Commission. The database is...
Issue Brief
Recently, negotiations have intensified over a post-2020 framework to address climate change. This framework is applicable to all the Parties to the UN Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) and one of the most contentious issues is how diverse Parities with different national circumstances should contribute to the mitigation of greenhouse...