Results 1 - 6 of 6 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article

Asian Perspectives on a Future Climate Regime

In Australasian Emissions Trading Forum Newsletter
Keywords:
Non Peer-reviewed Article
In What's New From IGES (IGES newsletter)
Recent catastrophic events, such as Tsunami in the Indian Ocean, Hurricane Katrina in the United States and tropical storm Damrey in northern Vietnam, received great attention in the public media due to their extensive human and infrastructure-related losses. While such events cannot be attributed solely to climate change, the Third Assessment...
Non Peer-reviewed Article
In What's New From IGES (IGES newsletter)
気候変動への適応:アジアの開発へ向けた重要課題 気候政策プロジェクト上席研究員 アンチャ・スリニヴァサン 2005年11月 最近、インド洋の津波や米国を襲ったハリケーン「カトリーナ」、ベトナム北部を襲った熱帯性暴風雨「ダムレイ」など、大きな自然災害が世界各地で甚大な人的被害や都市基盤の損壊をもたらしたことがマスメディアで大きく取り上げられた。こうした自然災害はすべてが気候変動に起因するわけではないとされているが、「気候変動に関する政府間パネル第三次評価報告書(TAR)」によると、今後は気候変動が原因で異常気象の頻度や強度が増す恐れがあるといわれている。残念なことに、これまで全世界の気候変動に関連する災害の九割はアジア太平洋地域で起きており、1970年代以来、50万人以上の人命が失われている。...
Non Peer-reviewed Article

村の救世主サトウヤシ

Remarks: みんぱく(国立民俗学博物館)
Non Peer-reviewed Article
The 10th Conference of the Parties (COP-10) to the Framework Convention on Climate Change (FCCC) was held in Buenos Aires, Argentina. The international community has so far established a set of international treaties as an international regime to cope with global climate change: the FCCC and the Kyoto Protocol. The former recognised anthropogenic...
Non Peer-reviewed Article
In What's New From IGES? (IGES Newsletter) Feb. 2005
気候変動枠組条約の第10回締約国会議(COP-10)が、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催された。国際社会はこれまで気候変動問題に対処していくための国際制度として、問題の所在を確認した枠組条約と、先進国に対し温室効果ガスの排出削減義務とそのルールを規定した京都議定書というセットを作り上げてきた。1997年に調印された議定書は、米国の離脱などにより一時はその発効が危ぶまれたが、ロシアの批准によりその発効要件が満たされ、2005年2 月にようやく発効されることとなった。しかし、問題は山積している。そのひとつがポスト京都議定書の問題である。 京都議定書は、先進国の温室効果ガス排出削減について、2008年から2012年までの第一約束期間における削減義務を規定している...