Results 1 - 6 of 6 (Sorted by date)
Conference Proceeding
The international workshop discussed about the current limitations of financing CDM mechanism and brought together the perspectives of different stakeholders including the country partners and financial and donor institutions. The workshop has identified several bottlenecks limiting the potential of CDM mechanism and has identified way forward for...
Conference Proceeding
「産業と持続可能社会プロジェクト」(関西研究センターで実施)では、プロジェクト創設記念として、2004年11月16-17日に、2004年度「産業と環境」国際ワークショップ及び国際シンポジウムを神戸国際会議場(神戸市)にて開催した。 国際シンポジウム(11/17)では、「環境調和型の地域システム・技術システム」について内藤正明プロジェクトリーダーから問題提起された。「社会的経済 (Social Economy) とコミュニティの発展:代替技術研究所(CAT)の事例研究」についてピーター・ハーパー氏(英国CAT: Center for Alternative Technology)、「持続可能社会の企業とエコ・サービス -欧米、日本の状況と今後-」に関しては山本良一東京大学教授から...
Conference Proceeding
「産業と持続可能社会プロジェクト」(関西研究センターで実施)では、プロジェクト創設記念として、2004年11月16日-17日に、2004年度「産業と環境」国際ワークショップと国際シンポジウムを神戸国際会議場(神戸市)にて開催した。 国際ワークショップ(11/16)では、新プロジェクトの中心研究課題の一つ「環境調和型ビジネスモデル研究」(郡嶌孝サブ・プロジェクトリーダー担当)について、近年、欧米で注目を集めている、製品サービスシステム(Product Service System: PSS)(レンタル、リース、シェアリングなど、製品とサービスを一体として提供するビジネスモデル)の可能性を中心に、発表およびディスカッションが行われた。 海外の研究者(英国、米国、スウェーデン、ドイツ...