Results 1 - 10 of 28 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In What's New From IGES (IGES newsletter)
気候変動への適応:アジアの開発へ向けた重要課題 気候政策プロジェクト上席研究員 アンチャ・スリニヴァサン 2005年11月 最近、インド洋の津波や米国を襲ったハリケーン「カトリーナ」、ベトナム北部を襲った熱帯性暴風雨「ダムレイ」など、大きな自然災害が世界各地で甚大な人的被害や都市基盤の損壊をもたらしたことがマスメディアで大きく取り上げられた。こうした自然災害はすべてが気候変動に起因するわけではないとされているが、「気候変動に関する政府間パネル第三次評価報告書(TAR)」によると、今後は気候変動が原因で異常気象の頻度や強度が増す恐れがあるといわれている。残念なことに、これまで全世界の気候変動に関連する災害の九割はアジア太平洋地域で起きており、1970年代以来、50万人以上の人命が失われている。...
Commissioned Report

京都議定書の解説

Author:
Kyoto Protocol Study Group
Remarks: Commissioned by MOEJ 環境省委託報告書
Keywords:
Policy Brief
Asian countries see many challenges for establishing freedom of information laws. The region must collaborate now to develop a policy instrument that promotes the disclosure of information on the environment and sustainable development 持続可能な開発に向けた施策を推進する上で、環境に関する情報公開を促進することは必須である。適切な情報は、人々の行動に影響を与え、環境に対する責任意識を高めるとともに、環境に配慮した意思決定を促す。欧州諸国では...
Annual Report
[ 目次 ] I.IGESのあらまし II.各研究プロジェクト・プログラムの活動報告 ・ 気候政策プロジェクト ・ 森林保全プロジェクト ・ 都市環境管理プロジェクト ・ 淡水資源管理プロジェクト ・ 産業と持続可能社会プロジェクト ・ 長期展望・政策統合プロジェクト ・ CDM(クリーン開発メカニズム)プログラム III.戦略研究の具現化に向けた活動 ・ エコアジア2004 ・ 2004年度「産業と環境」国際シンポジウム ・ COP10(国連気候変動枠組条約第10回締約国会議)サイドイベント「適応問題を開発政策の主軸へ」 ・ COP10サイドイベント「京都議定書」 ・ COP10サイドイベント「CDM事業推進へ向けた次へのステップ」 ・ 協働型森林ガバナンスワークショップ ・...
Book Chapter

「生態移民」に頼らない森の再生 (中国の環境政策・生態移民. 第4章)

In chugoku no kankyo seisaku seitai imin: midori no daichi, uchi mongoru no sabakuka o fusegeru ka? (Chapter 4)
Remarks: 中国の環境政策 生態移民: 緑の大地、内モンゴルの砂漠化を防げるか?(地球研叢書、昭和堂)
Policy Brief
The cross-border movement of recycables presents an opportunity to develop a sound material-cycle society in the region. The solution is networking international recycling zone in countries within the region. アジアでは、再利用可能な資源(リサイクル資源)の市場が国境を越えて急速に拡大しつつある。その主な原因は、急激な経済成長による資源需要の増大である。一方で、廃棄物の不法投棄や不適切な取扱いの問題が生じ、特に途上国では環境や健康に大きな悪影響が出ている...
Peer-reviewed Article
Author:
The purpose of this paper is to understand the current situation of local dwellers in protected areas, by revealing the reality of biodiversity conservation management in those areas, and to examine the tangled relationships between nature and human-kind. In order to protect precious biodiversity on earth, discussions on this topic are carried out...