Results 1 - 5 of 5 (Sorted by date)
Policy Report
Author:
Global Reporting Initiative
UN Principles for Responsible Investment
United Nations Global Compact
~概要より~ 企業が関連するSDGsデータを投資家に提供することで、投資家が情報に基づく決定を行い、直接的な資本が実社会に正のインパクトを与える投資へと振り向けることができる。 SDGsの達成は大きなビジネス機会をもたらしうるが、逆もまた然りである。SDGsのゴールに到達しない場合、企業とその財務、ひいては投資家の財務リターンに大きな負の帰結をもたらす可能性がある。 そのため投資家は、関連の深さ、規模、期間、割合を含め、SDGsのターゲットへの貢献に企業が及ぼす(実際的および潜在的な)正・負の影響、企業のSDGsに対する追加的な貢献、そして予想とは異なる影響がもたらされる可能性について知る必要がある。このようなデータは信頼でき、高品質でステークホルダーとの対話に基づくものでなければならない...
Policy Report
Climate change deepens poverty; whereas, researches have shown financial inclusion is one of the best ways to build resilience to the climate change effects. Inclusive green finance is an evolving policy area in which member institutions of the Alliance for Financial Inclusion (AFI) are beginning to implement policies, regulations and national...
Policy Report
Author:
Hugues
Chenet
Klaus
Hagedorn
Michael
Hayne
Takako
Wakiyama
This report compares the energy and technology exposure of the Tokyo Stock Price Index (TOPIX) stock market index with the 2°C roadmap of the International Energy Agency (IEA). The analysis is based on a translation of this climate scenario into “2°C benchmarks” for investment portfolios, focusing on a 5-year window: 2016-2021. Such a 2°C benchmark...
Policy Report
Author:
Smita
NAKHOODA
Taryn
FRANSEN
Alice
CARAVANI
Annalisa
PRIZZON
Helen
TILLEY
Aidy
HALIMANJAYA
Bryn
WELHAM
Developed countries committed to provide US$ 30 billion in new and additional climate finance between 2010 and 2012 under the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC). This ‘Fast-Start Finance’ (FSF) was an initial step towards mobilising climate finance at a level that reflects the adaptation and mitigation challenges these...
Policy Report
Author:
Smita
NAKHOODA
Taryn
FRANSEN
Alice
CARAVANI
Annalisa
PRIZZON
Helen
TILLEY
Aidy
HALIMANJAYA
Bryn
WELHAM
気候変動対策のための途上国への資金支援については、2009年の国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)第15回締約国会議にて留意されたコペンハーゲン合意において、先進国締約国は2つの目標を打ち出した。一つは「長期資金」(LTF: Long-Term Finance)として2020年までに多様な財源から年間計1000億米ドルを動員すること、そして二つ目は「短期資金」(FSF:Fast-Start Finance)として2010年から2012年までの3カ年で計300億米ドルの「新規かつ追加的」な支援を動員すること、であった。 このFSFは、途上国における緩和及び適応対策に十分な資金を調達するための長い道のりの中の第一歩であった。FSF実施期間は、世界的金融危機の発生後であり...