Results 1 - 10 of 60 (Sorted by date)
Commentary (Op. Ed)
グリーン・パワー
パーム油は、西アフリカ原産のアブラヤシの実を搾った油脂から作られる。日本で消費される植物油のうち菜種油についで2番目に多く消費され、国民一人当たり年に4~5リットル消費している(WWF 2015)。食用油、マーガリン・ショートニング、スナック菓子、化粧品、洗剤など幅広い用途に使用されている。また、ここ数年ではアブラヤシの種子からパーム核油を取り出した後の残ざん渣さであるパーム核殻が輸入され、国内のバイオマス発電で使用されるようになっている(滝沢 2015等)。よって、パーム油はその生産過程で生じる副産物も含めて、私たちにとって非常に身近な存在といえる。しかし、日本ではパーム油を使用する商品の原材料名には「植物油脂」と記載されるので、普段パーム油を消費しているという実感をもつのが難しく...
Peer-reviewed Article
In Forest Ecology and Management
Author:
Agus
Sudibyo Jati
Shogoro
Fujiki
Yuyun
Kurniawan
Ryota
Aoyagi
Kanehiro
Kitayama
Logging has been operated throughout Bornean tropical forests that harbor diverse fauna species. We examined the responses of ground-dwelling wildlife to logging intensity in two certified forest management units under the same climate and vegetation in East Kalimantan, Indonesia, in 2012–2016. A total of ten and 13 circular plots with a diameter...
Presentation
INDONESIA - JAPAN 60th ANNIVERSARY SEMINAR FOR FOREST SECTOR Changing Paradigm of Forestry Policy in Indonesia: “Toward Promotion of Community-based Sustainable Forest Management”
Author:
Syahru
Ramdhoni
Lilik
Budi Prasetyo
- Major source of log production in Indonesia has shifted from logging concession (mainly Meranti) to industrial tree plantations (mainly Acacia) and tree-farming (mainly Sengon) in past two decades. - Natural forest logging concession can produce valuable logs and maintain high levels of biodiversity. Continued efforts are needed to achieve...
Research Report
APN Research Report
Author:
Sangam
Shrestha
Vishnu
Pandey
Oranuj
Lorphensri
Dian
Sisinggih
Bui Tran
Vuong
Muhammad
Basharat
Today, 54% of the world’s population live in urban areas, a proportion that is expected to increase to 66% by 2050. Major cities and municipalities in the region rely either fully or partially on groundwater. Four highly relevant Asian cities (Bangkok, Bandung, Ho Chi Minh and Lahore) were selected which bear groundwater dependency in the range of...
Non Peer-reviewed Article
In Lampung Post
The published article is basically the author's opinion related to the current unprecedented event of severe urban flood that happened in Metro City, Lampung Province, Indonesia. Based on urban planning perspective, an analysis on the comprehensive problems focusing on urban drainage system and a view on possible solutions for the city government...
Peer-reviewed Article
In 東南アジア研究
The Perusahaan Inti Rakyat (PIR) scheme, a smallholder support scheme in collaboration with plantation companies, was developed in the late 1970s in Indonesia. The idea of the PIR scheme is to improve the socioeconomic condition of smallholders. One of the ways of doing so is by providing technical and economic support and capacity building to help...
Peer-reviewed Article
In Water
Modeling insecurity under future climate change and socio-economic development is indispensable for adaptive planning and sustainable management of water resources. This case study strives to assess the water quality and quantity status for both the present and the near future in the Ciliwung River basin inside the Jakarta Province under different...
Commissioned Report
途上国の森林減少・劣化に由来する温室効果ガス排出の削減等(以下「REDD+」という。)は重要な気候変動対策であり、気候変動に関する国際連合枠組条約の第21回締約国会議(COP21)で合意された「パリ協定」にもその実施と支援を奨励することが明記されたところである。 REDD+の推進には、途上国に対する資金と技術の提供が必要とされているが、公的資金には限界があることから、今後、REDD+の取組みを拡大していくには、民間セクターからの資金や技術の提供が鍵となる。しかしながら、民間セクターがREDD+に対して投資するには、排出削減クレジットが獲得できる等のインセンティブが必要(①)とされる。また、途上国がREDD+を実施するには、COP決定を踏まえつつ、各々の国情に応じた排出削減量の算定...
Keywords:
Commissioned Report
REDD+の効果的な実施に向けた具体的な方策を示すため、REDD+の国際的な制度の動向等について多角的に調査・分析を行い、得られた結果について体系的に整理した。1-1ではUNFCCCを中心とした国際的な議論の動向について取りまとめた。1-2では、既存のクレジット制度である京都メカニズムの共同実施に注目した。1-3では、現在進んでいるREDD+に係る資金拠出に係る取組状況として、緑の気候基金、世界銀行の森林炭素パートナーシップ基金、The REDD+ Early Movers Programについて調査した。1-4では、REDD+に関する政策的な検討や各国の緩和対策の中での位置付けとREDD+活動の実施状況を、JCMパートナー国5カ国(インドネシア、ベトナム、カンボジア、ラオス、コスタリカ...
Keywords: