Results 1 - 10 of 11 (Sorted by date)
Discussion Paper
2014年11月12日、米中首脳会談後の共同声明において、米国と中国が、以下のような温室効果ガス(GHG)の排出削減目標を発表した。 o 米国:2025年までにGHG排出量を2005年比で26~28%削減 o 中国:2030年頃までに、なるべく早い時期にCO2排出量を頭打ち(ピークアウト); 一次エネルギー消費における非化石燃料の割合を2030年までに約20%  本稿では、米中の2020年以降の温暖化対策目標について、既存文献で示される両国の排出経路シナリオと比較することにより、目標の野心度についての評価を行った。評価するに当たり、気温上昇2℃未満抑制に向けた排出経路との整合性、及び目標達成のための追加的な努力の必要性、という二つの評価軸を用いた。前者は環境十全性の視点から評価であり...
Discussion Paper
2014年9月の国連気候サミットにおいて、オバマ大統領が火力発電所に対するCO2排出基準設定の取り組みに言及するなど、米国では火力発電所に対する規制が注目を集めています。本ペーパーでは、米国の規制を概観するとともに、今後の国際交渉や他国の政策への影響について分析しています。
Discussion Paper
Editor:
Ryoko
SEGUCHI
Th is report was developed by Friends of the Earth Japan (FoE Japan) and the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) with updated case studies as an English-language version of the Japanese report “Yori sukunai shigen de yori yutakana kurashi wo (A Richer Life with Fewer Resources),” published by FoE Japan in March 2013. This report...
Discussion Paper
IGES Kansai Research Centre Discussion Paper
In order to achieve sustainable society, it is necessary to transform industrial structure to the one that does not reduce the Earth's resources. Under this circumstance, a business model of "not selling goods, but selling services" has been expected as a measure of co-existence of business and the environment. This idea, which is called as...
Discussion Paper
持続可能な社会を築くためには、産業構造を転換し、地球の資源を減少させないようにすることが課題となっている。このような中で「モノを売らずにサービスを売る」というビジネスモデルは、産業と環境が両立する方策として期待されてきた。「製品サービスシステム(Product-Service Systems: PSS)」や「サービサイジング」等と呼ばれるこのアイデアは、欧米や国際機関で研究され、日本にもおいても研究されつつある。  しかし、PSSのアイデアは、未だ有効に政策展開されていない。その大きな原因は、PSSのコンセプトが未発達なところにある。コンセプトが不十分なままにして、研究者は科学的分析に取り組み、政策担当者は新規政策として活用しようとしているため、関係者の間では混乱が生じている...
Discussion Paper
The engagement of the United States is critical to the success of any international effort against global climate change. Although international climate efforts require long-lasting, credible commitments by participating countries, risk of failure to deliver on such commitments rises with the degree of gap that the domestic institutions permit...
Discussion Paper
APEIS/RISPO Strategic Policy Options (SPOs) Database
"Compact city" in this policy option refers to land planning focusing on higher density and better accessibility which reduces automobile dependency. "Smart growth" is a general term for land use practices that create more accessible land use patterns which reduce the amount of travel needed to reach goods and services (Litman, 2003a). Experiences...
Discussion Paper
Meeting summary of the IGES Brainstorming Forum, 11 April 2001, Tokyo. 2001 年3 月,米国ブッシュ政権は選挙キャンペーン時の公約であった電力部門へのCO2 規制を反古にし,また京都議定書に反対であるという内容の書簡を保守系上院議員に送った。続いて,米国が京都議定書に批准する意思がないことを公式に明らかにした.この意志表明は,京都体制の今後を不透明なものとし,国際社会に大きな波紋を投げかけた。IGES Brainstorming Forum では,米国離脱の可能性を含めた「京都体制の今後の展開」に関し,その見解・見通し・解決策について,欧米の専門家を交えて議論を行った。
Keywords: