Results 1 - 10 of 174 (Sorted by date)
Commentary (Op. Ed)
グリーンボンド等のグリーンファイナンスは拡大しつつあるが、そのインパクトは明らかになっていない。一方、「グリーンウォッシュ」や「インパクトウォッシュ」への懸念を背景に、インパクトの重要性は投資家の間でも認識されつつある。インパクトの基準を標準化することは困難な面もあるが、段階的にでもインパクトが比較可能な形で可視化されることは重要である。
Research Report
Author:
Nebojsa
Nakicenovic
Dirk
Messner
Caroline
Zimm
Geoff
Clarke
Johan
Rockström
Ana Paula
Aguiar
Benigna
Boza-Kiss
Lorenza
Campagnolo
Ilan
Chabay
David
Collste
Luis
Comolli
Luis
Gomez-Echeverri
Anne
Goujon
Arnulf
Grubler
Reiner
Jung
George
Kamiya
Elmar
Kriegler
Michael
Kuhn
Julia
Leininger
Charles
Martin-Shields
Beatriz
Mayor-Rodriguez
Jerry
Miller
Apollonia
Miola
Keywan
Riahi
Maria
Schewenius
Jörn
Schmidt
Kristina
Skierka
Odirilwe
Selomane
Uno
Svedin
Paul
Yillia
This report assesses all the positive potential benefits digitalization brings to sustainable development for all. It also highlights the potential negative impacts and challenges going forward, particularly for those impacted by the ‘digital divide’ that excludes primarily people left behind during the Industrial Revolution like the billion that...
Briefing Note
Author:
Melissa May
F. Cardenas
The Minamata Convention on Mercury was adopted at the conference held in Kumamoto City and Minamata City in October 2013. The convention aims to protect human health and the environment from anthropogenic emissions/releases of mercury and mercury compounds and stipulates appropriate management and reduction of the emissions through the entire...
Commentary (Op. Ed)
2015年9月に開催された国連「持続可能な開発サミット」において、2030年までの15年間の国際的共通目標となる「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」が採択された。SDGsは環境、社会、経済の発展を調和させ、人類社会の持続的な開発を目指しており、2016年1月から世界的に実施が始まり、2019年に4年目に入っている。9月には4年に一度のSDGs首脳級フォローアップ会合が初めて開催される予定であり、これまでの実績につきレビューが行われる。その進捗状況であるが、現状のペースでは2030年の目標達成には不十分というのが、国連を含む大多数の関係者の一致した見方である。確かに、SDGsの目標は17の多きにのぼり...
Research Report
Author:
Michael
Lettenmeier
Viivi
Toivio
Tämä raportti ehdottaa hiilijalanjälkitavoitteita ja vaihtoehtoja sille, miten yhteiskunta voi elämäntapamuutosten kautta rajoittaa ilmaston lämpenemisen enintään 1,5 asteeseen Pariisin ilmastosopimuksen tavoitteiden mukaisesti. Sekä aihetta käsittelevä kirjallisuus että poliittinen päätöksenteko ja liike-elämä ovat toistaiseksi keskittyneet...
Commentary (Op. Ed)
- The APFSD has grown into a useful multi-stakeholder platform for sharing experiences and networking around sustainable development. - It is important to examine whether stakeholder engagement provides meaningful space for the stakeholders and whether it is built on the “minimum requirement” of protecting and respecting human rights. - Subregional...
Research Report
Author:
Ishiwatari, Mikio; Djalante, Riyanti; Mavrodieva, Aleksandrina; Gomez, Oscar; Wataya, Eiko; Shaw, Rajib
Climate change impacts on natural and human systems are increasing. Often affecting fragile economic, social and political systems, climate change is considered to be a serious ‘threat multiplier’. In this document, the risks on these existing systems are understood as climate fragility risks (CFRs). Considering CFRs in the development sector is...
Commentary (Op. Ed)
グリーン・パワー
パーム油は、西アフリカ原産のアブラヤシの実を搾った油脂から作られる。日本で消費される植物油のうち菜種油についで2番目に多く消費され、国民一人当たり年に4~5リットル消費している(WWF 2015)。食用油、マーガリン・ショートニング、スナック菓子、化粧品、洗剤など幅広い用途に使用されている。また、ここ数年ではアブラヤシの種子からパーム核油を取り出した後の残ざん渣さであるパーム核殻が輸入され、国内のバイオマス発電で使用されるようになっている(滝沢 2015等)。よって、パーム油はその生産過程で生じる副産物も含めて、私たちにとって非常に身近な存在といえる。しかし、日本ではパーム油を使用する商品の原材料名には「植物油脂」と記載されるので、普段パーム油を消費しているという実感をもつのが難しく...
Briefing Note
2018年8月に「エネルギー移行委員会 (ETC: Energy Transition Commission)」が「Mission Possible –Reaching Net-Zero Carbon Emissions from Harder-To-Abate Sectors by Mid-Century-」を公表した。本報告書は、炭素中立(Net-Zero)が難しいとされる重化学工業(鉄鋼、セメント、石油化学)部門および貨物、船舶、航空など旅客以外の輸送手段(以下、貨物など輸送部門)を対象に、炭素中立の技術的可能性とそれを実現するための施策をまとめたものである。本報告書は、200人を超える専門家へのインタビュー結果に基づき、世界的にも著名なコンサルティング会社(Material...