Results 1 - 10 of 59 (Sorted by date)
Book Chapter
In Environmental Sustainability in Asia Publication - Series on Cambodia
In this book chapter, the authors provide a comprehensive understanding on: (i) the current status of Tonle Sap Lake water environment, (ii) human-induced and global environmental change impacts on the livelihoods of local communities on and around TSL, and (iii) the expected contribution of the SATREPS project to address these challenges through...
Book Chapter
In Routledge Handbook of Climate Justice
"This Handbook is a timely and significant contribution to the growing body of academic literature on climate justice. It comes at a critical turning point in UNFCCC climate negotiations with the imminent review of the Paris Agreement. It is an excellent knowledge resource bound to be of particular interest to academics, practitioners and students...
Book Chapter
In 国際開発学事典
Editor:
国際開発学会
国際開発学会設立30周年記念事業。火種にならない国際支援、人的支援を含む効率的な援助とは何か。現地とどのように合意形成を行うか。諸分野にまたがる国際開発学を写真や図を交えながらそれぞれの専門家が1項目2pで解説。経済学・政治学・社会学・人類学・医学・教育学・経営学・農学・工学・法学などにまたがる国際開発学の全貌を概観できる。「読み物として、背景や事例を論じつつ説明してくれる」事典。そのうちの廃棄物管理について、開発途上国及び中進国の現状、課題及び対策について説明。
Keywords:
Book Chapter
In Routledge Handbook of Energy in Asia
Developing Asia’s growing demand for fossil fuels not only adds pressure on the domestic economy of each country due to higher energy bills but also strangulates the region’s environmental health with the growing emissions. The need for poverty reduction and economic development together forcing the region to continue to depend heavily on...
Book Chapter
In Coastal Management: Global Challenges and Innovations
Author:
Rajib
Shaw
Mrittika
Basu
Salinity is one of the major drivers of environmental change and a persistent stressor in coastal areas, often resulting from prolonged storm and tidal surge flooding. Especially in case of the Asian Mega Deltas, where vast number of communities depends on coastal agriculture as sole livelihood, salinity is compounding as an immediate as well as...
Briefing Note
 本稿は、北東アジアの中国、日本における再生可能エネルギー(以下、「再エネ」)に関する政策環境の相違を議論し、今後の展望を概観する。要点は、以下の通りである。 • 最大限に再エネの普及による電力システムの転換は脱炭素社会の構築にとって基本的柱の一つである。過去10年間、日中両国は莫大な投資を行い、再エネの領域で世界的リーダーになってきた。 • 風力と太陽光発電が、中国の電力システムの脱炭素化に不可欠な役割を担っている。日本での再エネの導入は、温室効果ガス(GHG: Greenhouse gas)削減、エネルギー自給率の向上、化石燃料調達費用の削減、産業の国際競争力の強化、雇用の創出、地域の活性化、非常時のエネルギー確保等、多方面のメリットが認識され、進められている。 •...
Discussion Paper
アジアの新興国都市では、急速な人口増加と都市化に伴い、様々な環境問題が顕在化している。これら途上国都市の環境改善を行う方策の一つとして、本邦自治体が長年積み重ねてきた持続的な都市経営に関するノウハウや技術を移転する「都市間連携」の推進が期待されている。このような取組には外部資金の活用が必要であるが、ファンドを提供している政府の支援意図とは裏腹に、都市間連携に参画する自治体の数は思うように増えていないのが現状である。本稿は、都市間連携を行う本邦自治体を増やし、ファンドの効果的な利用を促すことを通じて都市間連携を推進することを目的として、都市間連携に利用可能なファンド及びその利用実態を把握し、ファンドの効果的な獲得や有効利用について提言を取りまとめたものである。
Discussion Paper
Global support for promoting adaptation, both in terms of technical and financial assistance is growing, though only a few countries have reached the stage of submitting their NAPs. Developing effective NAPs is a complicated process requiring a great deal of financial and technical resources, much akin to the implementation of environmental...
Discussion Paper
循環経済(サーキュラーエコノミー)とは、資源循環を通じた経済の在り方であり、調達、生産、消費、廃棄といった一方向の流れではなく、リサイクル、再利用、再生産、省資源の製品開発、シェアリングなどを通じた資源循環の実現を目指す概念である。本稿では、欧州における政策開発や国際合意を背景に近年急速に機運が高まりつつある循環経済に焦点を当て、なぜいま世界的に循環経済が注目されているのか、またその実施に向けた動きをSDGsやビジネスの観点から概観している。