Results 1 - 5 of 5 (Sorted by date)
Briefing Note
本ブリーフィングノートでは、今後のトランプ政権の気候政策や人事に関して、これまでの示唆や推論を概観するとともに、関連する米国内の政治的文脈と制度的な意思決定プロセスの見地から検討を行う。「慎重な楽観主義」の立場をとりうるいくつかの領域を特定し、潜在的な最悪のシナリオに対する阻害要因を明らかにする。選挙期間中の発言や政権移行チームの顔ぶれには落胆させられる一方で、トランプ政権の政策について、トランプ氏自身ですらまだはっきりと分かっていないと思われる中、その明確な方向性を示すことは時期尚早といえる。本ブリーフィングノートは、最悪のケースとして米国の気候政策と行動が交代する方向に舵を切られても、実際に実行するには、様々な制約があることを結論付けている。 Remarks: 2016年12月22日改訂...
Briefing Note
This briefing note surveys early hints and speculations regarding the Trump Administration’s possible climate policies and personnel appointments, and discusses them in the context of the surrounding domestic political context and institutional decision-making processes. A few areas for cautious optimism are identified and obstacles to the...
Briefing Note
REDD+実施のための支援の調整に関する情報交換や議論を交渉とは別に継続して行うために、各国のREDD+フォーカルポイントや、資金供与に関わる多国間および二国間開発援助機関、民間セクター、先住民、NGO等の代表が参加し、毎年自主的に会合を開くことが奨励されており(Decision 10/CP.19、パラグラフ4)、その第3回REDD+自主的会合が第44回気候変動枠組条約締約国会議補助機関会合期間中の5月23日に開催された。第3回会合では、ブラジル等のREDD+実施国と国際的な資金提供機関からそれぞれの進捗と資金へのアクセスや調整について発表が行われた。本稿は、第3回REDD+自主的会合で発表された資料1を参考に、REDD+の結果に基づく支払いに向けた途上国のREDD...
Briefing Note
The first G20 Summit meeting in China was held in Hangzhou on 4 and 5 September, 2016. This IGES Briefing Note considers the implications of the meeting for climate change, green finance and Sustainable Development Goals (SDGs), as well as the overall context of holding the meeting in China for the first time. From a sustainability perspective, the...