Results 1 - 6 of 6 (Sorted by date)
Issue Brief
Author:
Ken Howard
Ricardo Hirata
Kelly Warner
Radu Gogu
Daniel Nkhuwa
KEY MESSAGES • groundwater is a major source of urban supply worldwide and aquifer storage represents a key resource for achieving water-supply security under climate change and extended drought • private waterwell construction for urban in-situ self-supply tends to escalate as a ‘coping strategy’ during periods of inadequate utility water service,...
Issue Brief
2015年8月3日にオバマ大統領は、大気浄化法のもとで既存の火力発電所からのCO2排出を規制するクリーン・パワー・プランと、新設火力発電所に対するCO2排出基準(炭素汚染基準)を発表しました。 2030年までの火力発電所からのCO2排出を2005年に比べ32%削減する大変意欲的な内容です。オバマ政権による最も重要な気候変動政策と位置づけられているこれらの米国環境保護庁(EPA)による規制について、その内容とともに、規制によるCO2排出削減便益を含む費用便益分析の内容、およびこれらの規制に対する産業界・世論の動向を含めて解説いたします。 Remarks: 2015年10月14日  「2.2既存の火力発電所に対する排出削減目標値の設定(CPP)」において...
Issue Brief
IGES Discussion Paper
2014年12月にペルーのリマで開催されたCOP20では、第41回実施に関する補助機関会合・科学と技術的助言に関する補助機関会合(SBI/SBSTA41)において、REDD+に関する交渉が行われた。REDD+のリザルトベースの支払いを実施するための核となるルールは、2013年ポーランドで開催されたCOP19において、REDD+ワルシャワフレームワークとして採択され完成したが、ワルシャワフレームワークを補完する事項や、REDD+に関連する内容の議論が続いている。