Results 1 - 10 of 16 (Sorted by date)
Presentation

Governing Sustainable Transport in Indonesia: A Comparative Analysis of Provincial NAMAs

Society for Environmental Economics and Policy Studies (SEEPS)
The presentation showcased research conducted by IGES-IPSS on Indonesia's plans for low-carbon transport. Local level transport actions were contrasted with good practice approaches in literature and variations in provincial performance was discussed.
Peer-reviewed Article
In ECO: The Korean Journal of Environmental Sociology
From North Asia's "airpocalypses" to South Asia's water crisis, the signs that Asia needs to transition to more sustainable development models are as clear as they are compelling. There is also an equally compelling body of literature on how countries can transition to more sustainable development models. However, much of the sustainable...
Commissioned Report

The Clean Development Mechanism and International Capital Flows: An Empirical Study on the Factors Contributing to Capital Mobility in CDM Projects

Commissioned Report

クリーン開発メカニズムと国際資本の流れ: CDMプロジェクトにおける資本移動に対して寄与する要因に関する実証的研究

Conference Proceeding
On 11th of March 2014, fourteen participants gathered for a one-day intensive web-based workshop on Education for Sustainable Consumption (ESC) and Promoting Sustainable Lifestyles (SL) in Malaysia, Philippines and Thailand. The workshop was originally intended to be a two-day workshop to be held in Bangkok; however, due to the political situation...
Commissioned Report

排水セクターにおけるMRV計画手続きに関するパイロットプロジェクトの実施

Commissioned Report

平成25年度ベトナム国及びインドネシア国における循環産業・3R促進プロジェクトに関する調査検討業務報告書

Commissioned Report
インドネシアは二国間クレジット制度(JCM)署名国のひとつであり、2020年までに温室効果ガス(GHG)排出量を成り行きベース(BAU)比で26%削減(国際支援を受けた場合は41%削減)することを誓約している。目標値である26%の削減を達成するためには運輸部門における積極的な行動が必要となる。そのため日本のようなドナー国が次の点に注意することが重要となろう。(1)運輸部門事業を分析する際、26%・40%削減の目標値が達成可能か否かを確認する (2)JCMのような金融支援メカニズムが事業案の中でも有望なものに適用可能か否か。本報告書は大きく分けて4つのセクションから構成されており、その分析を進めている。 最初のセクション(前書き以降...
Commissioned Report
本事業は、2013年8月の我が国政府とインドネシア政府間における二国間クレジット制度(JCM)の合意を受け、同国スラバヤ市における具体的なJCM大規模案件形成の可能性を探るべく、同市の主要エネルギー消費分野を対象に、温室効果ガス(GHG)排出量の削減可能性を調査したものである。対象分野は、エネルギー、交通、廃棄物、水資源の4分野であり、その全体報告書と共に、分野ごとの調査結果を取りまとめた。