Results 1 - 10 of 24 (Sorted by date)
Working Paper

•世界で注目されてきた気候変動対策としての省エネの役割-排出削減に向けた各国の省エネ政策の実施動向-

COP18 現地レポート/IGES研究者の視点
Working Paper
政府のエネルギー・環境会議が9月14日に決定した革新的エネルギー・環境戦略(以下「エネ環戦略」という)について、長期的な低炭素社会および資源循環型社会の実現の観点から政府試算の前提条件のうち3つの想定に関し再検討を行い、2030年における追加的な節エネ・温室効果ガス(GHG)排出削減の可能性について独自に検証した。その結果、一次エネルギー消費に関しては、「エネ環戦略」想定に比べ2.5%以上追加的に節約できることが示唆された。GHG排出に関しては、「エネ環戦略」において「2013 年から 2020 年まで1990年比で年間3.5 %分の森林吸収量の確保を目指す」とあることも考慮すると、国内努力のみで2030年に1990年比マイナス30%程度の排出削減は十分に合理性を持つことが示唆された。
Working Paper
Author:
Manish Kumar Shrivastava
・ Synergising PAT with International mechanisms is expected to face methodological challenges and raise concerns about double counting. ・ Stakeholders observe possibility of stringent MRV measures if linked with international mechanisms. ・ PAT scheme may make necessary methodological adjustments and procedural modifications to fit into...
Working Paper
Asia could accrue significant air quality, public health, and climate co-benefits from mitigating short-lived climate pollutants (SLCPs) such as black carbon and tropospheric ozone (O3). Realizing these co-benefits will require bridging a research-policy divide. This policy brief outlines pragmatic steps to help narrow that divide in Asia.