Results 1 - 10 of 14 (Sorted by date)
Working Paper
This paper discusses the policy and implementation context of the REDD (reducing emissions from deforestation and forest degradation) demonstration activity in Ulu Masen in the province of Aceh, Indonesia. It is argued that the slow endorsement of the demonstration activity by the Indonesian government may be due to mistiming in relation to the...
Discussion Paper
An analysis was carried out on local and national political factors that corroborated the adoption and diffusion of environmental practices at city level via Asian intercity networks as a part of a series of studies on international intercity network programmes for the environment in Asia. This paper focuses on how participating cities in...
Policy Report
The Institute for Global Environmental Strategies (IGES) is monitoring the development of national REDD-plus systems in selected countries. This report provides a description and review of national REDD-plus readiness challenges, activities, and progress in Indonesia and Viet Nam, two countries that offer important contrasts for analytical inquiry...
Keywords:
Working Paper
国際開発学会第11回春季大会報告論文集
今後もアジアでの資源消費と廃棄物発生量の増大が予想される。3R(廃棄物の削減、再利用、リサイクル)を通じた廃棄物管理と資源管理戦略の統合は、アジアでの持続可能な消費と生産を達成するための重要なアプローチとなり得る。しかし、アジア発展途上国の多くでは、廃棄物管理・リサイクル関連法制度の構築に後れをとっており、国際協力への期待は大きい。本報告では、3R国家戦略の策定支援の経験に基づいて、廃棄物リサイクルのための制度構築支援の課題について論じる。
Policy Brief
一般に、途上国の多くの都市における最大の環境問題の一つは、不適切な廃棄物管理である。インドネシアのスラバヤ市もそのような深刻なごみ問題を抱える都市の一つであったが、2005年頃からの効果的な対策の実施により、4〜5年で廃棄物発生量を20%以上削減するという成果を成し遂げた。具体的には、市内に十数ヶ所の堆肥化施設(コンポスト・センター)を立ち上げ、住民に何千もの家庭用堆肥化容器(コンポスト・バスケット)を配布し、積極的に堆肥化の取り組みを推進した。また、市内のNGOや民間企業、新聞社との協力の下、地域緑化・美化キャンペーンを展開し、住民や地域団体を積極的にごみ削減活動に巻き込んできた。特筆すべきは、この一連の活動に市が費やしたのは廃棄物管理費全体の1〜2%のみという点である。 この事例は...
PR, Newsletter or Other
The 2009 edition of "Top News on the Environment in Asia" highlights three areas of significance for Asia under the section headings Global Warming, Biodiversity, and Sustainable Consumption and Production, and reports the important developments of 2009 as selected, for their own countries and for the region, by environment experts from...
PR, Newsletter or Other
「2009年アジアの環境重大ニュース」では、アジアにおける重要な環境トピックである「地球温暖化」、「生物多様性」、「持続可能な生産と消費」の3つに焦点を当て、国際機関とアジア太平洋地域23ヶ国の環境専門家が選んだ自国や地域内における2009年の重大ニュースを掲載している。 Remarks: English version is available at: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=2687
Conference Proceeding
阪神・淡路大震災15周年記念事業の一環として(財)地球環境戦略研究機関(IGES)では、気候変動・地球環境と災害の発生が相互に大きな影響を与えているとの認識に立ち、日頃、環境や防災の分野に取り組まれている方々や一般の皆様に新たな視点を提供するという目的で、「気候変動・地球環境と災害」国際シンポジウムを開催致しました。パネルディスカッションにおいては、気候変動・地球環境と災害の相互影響に関し国内外の第一人者による活発な討議が交わされました。 Remarks: 2009年度IGES関西研究センター国際シンポジウム「気候変動、地球環境と災害」 日時: 平成22年1月15日(金) 13時30分~16時30分 場所: よみうり神戸ホール(神戸市中央区栄町通1-2-10読売神戸ビル2F) 主催: 兵庫県...