Results 1 - 7 of 7 (Sorted by date)
Policy Brief
先進国を中心とする木材需要の高まりに応じて、人工林の総面積は過去20年で10倍に拡大した。荒廃地等における人工林の増加は、天然林に対する伐採圧力を緩和し、気候変動の抑制、住民の生計への支援、国家の開発政策への寄与など、極めて重要な役割を担っている。 現在、世界の人工林の60%以上はアジアに存在している。近年におけるアジアの人工林面積の急激な拡大は、特に中国、ベトナム、インドなどにおいて大規模な造林プログラムが実施されてきた結果である。しかし、農村地帯における企業又は政府主導の人工造林は、地域住民を彼らの生活の重要な基盤となっている土地から排除する結果となることが多く、しばしば地域の社会紛争を引き起こしてきた。造林プログラムに地域住民が参加している場合でも、土地利用が制限されるため...
Business Report
To ensure accountability of each research project, and to provide a mechanism of transparency to its stakeholders, IGES conducts Project Peer Review every three years, inviting a Peer Review Panel composed of externally based experts. The review results are reflected in the 4th Phase strategic research of IGES (FY2007-2009). Climate Policy Project...
Policy Brief
IGES Policy Brief
Partly due to the worldwide upsurge in industrial demand for timber, the number of planted forests has increased ten-fold in the last 20 years. These planted forests currently comprise only about 5% of the world’s forest area, but supply 35% of industrial logs and have critical roles to play in releasing pressure on natural forests, mitigating...
Business Report
The Institute for Global Environmental Strategies (IGES), established in 1998 with the support of the Japanese government and Kanagawa Prefecture, has been conducting practical strategic research with the aim of realising sustainable development on a global scale, and particularly in the Asia-Pacific region. IGES strategic research is conducted...
Business Report
財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、1998年に日本政府と神奈川県の支援により設立され、地球規模、とりわけアジア太平洋地域の持続可能な開発の実現を目指した実践的な戦略研究を行っています。IGESでは、3年を1期とする戦略研究計画に基づき、具体的な研究課題を設定してチームとして役割を分担しながら共同作業を行うプロジェクト方式によって研究を進めてきました。本報告書は、第3期戦略研究計画(2004 年度〜2006年度)の3年間の研究活動の成果を取りまとめたものです。 Remarks: http://enviroscope.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=1525
Business Report
The IGES Board Meeting held in February 2006 approved “The Basic Framework of the Future Research Strategy at IGES beyond FY 2006”, which was a summary of the major points contained in the paper entitled “IGES Research Strategy beyond FY 2006” tabled for the preceding Informal Meeting. In the paper the establishment of a Programme Management Office...
Business Report
2006年2月に開かれたIGES理事会は、「2007年度以降のIGES研究戦略の基本的枠組」を承認した。この文書は、前日の非公式会合に提出された「2007年度以降のIGES研究戦略」に盛り込まれている主要なポイントをまとめたものであり、とりわけ、IGES統合的戦略研究計画(ISRP)を、特に第4期について策定するために「プログラム・マネージメント・オフィス(PMO)」の速やかな設立が提案された。 2006年4月1日にPMOが設立され、ISRPの策定に向けた活動が始まった。4月から6月にかけて、定例会合、合宿、IGES全体会合を開催し、第4期の研究課題に関する考えを全てのIGES職員から募集した。プログラム・マネージング・ダイレクター(PMD)は、定期的にプロジェクトリーダー会議(PL会議...