Results 1 - 10 of 155 (Sorted by date)
Presentation

Japan’s recent policy response to critical materials issues

5th Meeting of OECD Working Party on Resource Productivity and Waste
Author:
Shinsuke
MURAKAMI
Discussion Paper
2014年11月12日、米中首脳会談後の共同声明において、米国と中国が、以下のような温室効果ガス(GHG)の排出削減目標を発表した。 o 米国:2025年までにGHG排出量を2005年比で26~28%削減 o 中国:2030年頃までに、なるべく早い時期にCO2排出量を頭打ち(ピークアウト); 一次エネルギー消費における非化石燃料の割合を2030年までに約20%  本稿では、米中の2020年以降の温暖化対策目標について、既存文献で示される両国の排出経路シナリオと比較することにより、目標の野心度についての評価を行った。評価するに当たり、気温上昇2℃未満抑制に向けた排出経路との整合性、及び目標達成のための追加的な努力の必要性、という二つの評価軸を用いた。前者は環境十全性の視点から評価であり...
Non Peer-reviewed Article

楽でなくなった中国での暮らしと仕事

In 環境新聞
Non Peer-reviewed Article

現地滞在レポート第29回~APECブルー~

In GLOBAL NET
Peer-reviewed Article

上海市民への防災意識調査から見る意識向上の重要性

In 東アジアへの視点 北九州発アジア情報
Author:
Discussion Paper
2014年9月の国連気候サミットにおいて、オバマ大統領が火力発電所に対するCO2排出基準設定の取り組みに言及するなど、米国では火力発電所に対する規制が注目を集めています。本ペーパーでは、米国の規制を概観するとともに、今後の国際交渉や他国の政策への影響について分析しています。
Non Peer-reviewed Article

「緑の贈与制度」を実現し、地球温暖化防止と地方創生の起爆剤に!

In 第三文明
Contributor:
Non Peer-reviewed Article

持続可能な開発目標(SDGs)

In 日経エコロジー