Results 1 - 5 of 5 (Sorted by date)
Discussion Paper
Author:
Korakanh
Pasomsouk
The objective of this report is to facilitate local governments in decision making and implementation of urban organic waste utilization projects that can contribute to sustainable solid waste management and national agendas on food, energy, and climate change. This report provides an overview municipal solid waste management in Lao PDR. In the...
Discussion Paper
This paper addresses the state of carbon governance, i.e., measurement, reporting and control of greenhouse gas (GHG) emissions, at the sub-national level in China, India, Indonesia and the Philippines, and discusses the possibility of utilising a carbon crediting mechanism to extend low carbon development policies at the sub-national level and...
Discussion Paper
Author:
Takaaki
Kato
本調査では、市民が個人で行うカーボンオフセットを通じた環境国際協力の可能性を、特に自治体による補助金政策と組み合わせることで促進できないか、検討した。インターネットユーザーで、自家用車を利用する北九州市成人市民のうち、インターネット調査パネル登録者1642名を対象に調査分析を行った。カーボンオフセットについて、よく知っているとした回答者は11.2%、聞いたことはあるとした回答者が54.9%、知らないとした回答者が35.9%であった。実際にカーボンオフセットをしたことがある回答者は2.2%であった。 自己負担額及び北九州市による補助金有無について3通りのパターンを用意し、調査対象者を無作為に3群に分けて、オフセット利用の意思を調査した...
Discussion Paper
本報告書はアジア・太平洋地域の4カ国、中国、インド、インドネシア、韓国の環境産業に焦点を当てたものである。これら諸国はそれぞれ異なった環境産業の発展段階にあり、調査対象国として選択した。報告書はこれら4カ国の環境破壊の現状、環境産業の現状、政府の主な環境産業育成策、2国間および国際機関による援助、多国籍企業の活動がもたらした環境産業発展への貢献、等を概観、評価する。 報告書は3章から構成される。第1章は、プロジェクトの目的と紹介、主要な研究成果と提言である。第2章は、中国、インド、インドネシア、韓国の環境産業、調査対象4カ国の環境産業に対する2国間援助(日本を除く)、国際機関、多国籍企業の貢献、中小企業の環境産業発展への貢献等によって構成される。第 3章は...