Results 1 - 6 of 6 (Sorted by date)
Discussion Paper
Author:
Lee, Byung-Wook
This paper aims to identify differences and similarities between Japanese and Korean corporate managements in terms of environmental conservation practices and their institutional frameworks. Similar efforts have been made in the countries regarding the introduction of ISO14001 etc. However, there seems to be much difference between their...
Policy Report
Water shortages and water related problems in Asia are increasingly attracting concern. Ahead of the Third World Water Forum (WWF3), this issue of IRES, featuring on the sustainable management of freshwater resources, introduces issues and challenges in Asia and provides invaluable suggestions to future research. EDITOR'S NOTE http://enviroscope...
PR, Newsletter or Other
2002年は、1992年に開催された地球サミット(環境と開発に関する国連会議、リオサミット)から10年を迎え、8月 26日から9月4日まで、南アフリカのヨハネスブルグで持続可能な開発に関する世界首脳会議(WSSD、通称ヨハネスブルグ・サミット)が開催された。その目的は、地球サミット後、環境関連の国際条約の実施や、各国の環境と開発に関する行動計画である「アジェンダ21」の実施等の取組みが行われたものの、地球環境の悪化傾向に歯止めがかからないことから、この10年の評価を行い、持続可能な開発への地球規模での取組みを再活性化させることであった。会議では、持続可能な開発実現に向けたヨハネスブルグ宣言が採択され、改めて持続可能な開発の実現に向けた各国首脳の決意が示された。 ヨハネスブルグ...
Conference Proceeding
The fourth thematic seminar on industrial relocation, organised by UN/ESCAP, the Ministry of the Environment of Japan, IGES, and Ho Chi Minh City, was held on 27-28 August in Ho Chi Minh City (Vietnam), which is engaged in industrial relocation and has made considerable progress in this area. Industrial relocation has been and continues to be...
Discussion Paper
Author:
Lee, Byung-Wook
地球環境問題の重要性が高まり、経済のグローバル化が進展している中で、企業は、環境保全活動に一層積極的に取組むことが求められている。環境マネジメントのためのISO14000 シリーズ規格やGRI(Global Reporting Initiative)の持続可能性報告ガイドラインなど、企業経営に関する世界標準の整備が進められている中で、企業は、それらの世界標準を採択するだけでなく、貿易や直接投資などの具体的な事業活動を展開するにあたって、関係各国の企業の環境保全活動についての理解を深めることが必要とされている。また、企業の環境保全活動のグッド・プラクティスは、各国において注目されているが、他国の企業のグッド・プラクティスが何故グッド・プラクティスとされるのか...