Results 1 - 10 of 12 (Sorted by date)
Policy Brief
先進国を中心とする木材需要の高まりに応じて、人工林の総面積は過去20年で10倍に拡大した。荒廃地等における人工林の増加は、天然林に対する伐採圧力を緩和し、気候変動の抑制、住民の生計への支援、国家の開発政策への寄与など、極めて重要な役割を担っている。 現在、世界の人工林の60%以上はアジアに存在している。近年におけるアジアの人工林面積の急激な拡大は、特に中国、ベトナム、インドなどにおいて大規模な造林プログラムが実施されてきた結果である。しかし、農村地帯における企業又は政府主導の人工造林は、地域住民を彼らの生活の重要な基盤となっている土地から排除する結果となることが多く、しばしば地域の社会紛争を引き起こしてきた。造林プログラムに地域住民が参加している場合でも、土地利用が制限されるため...
Policy Brief
IGES Policy Brief
Partly due to the worldwide upsurge in industrial demand for timber, the number of planted forests has increased ten-fold in the last 20 years. These planted forests currently comprise only about 5% of the world’s forest area, but supply 35% of industrial logs and have critical roles to play in releasing pressure on natural forests, mitigating...
Discussion Paper
Component 3 of the Core Environment Program (CEP) for the Greater Mekong Subregion (GMS) deals with environmental performance assessment (EPA) and sustainable development planning. The Institute for Global Environmental Strategies (IGES) is primarily responsible for the sustainable development planning, while the United Nations Environment...
Discussion Paper
From the outset of the National Performance Assessment and a Strategic Environmental Framework for the Greater Mekong Subregion (SEF II) in 2003 the selection of the right set of indicators was seen as the key step in the conduct of an environmental performance assessment (EPA) as shown below. Step One: Selecting policy concerns Step Two: Adapting...
Discussion Paper
Under ADB's TA 6069-REG: National Performance Assessment and Subregional Strategic Environment Framework for the Greater Mekong Subregion (GMS), a first attempt at a subregional environmental assessment was prepared towards the end of the project (ADB 2006). Under this project (referred to as SEF II), the emphasis was on national environmental...
Research Report
The purpose of this review paper is to demonstrate the best practice worldwide in attempting to link sustainable development planning at all levels with environmental performance. It also reviews the progress to date in the GMS with both sustainable development planning and environmental performance assessment and the need for increased linkage.
Policy Report
EU排出枠取引指令の内容、排出枠取引指令が確定するまでの過程を検証する。そしてこの過程から、ドイツと英国が他国に先駆けて気候政策を展開してきたが故にEU全域における排出枠取引制度の導入によって国内政策との調整を要することを懸念し、排出枠取引策定過程に介入を試みたことを浮き彫りにする。その上で、両国が、その意見が完全に反映されたわけではないにもかかわらず、なぜ最終的に指令に合意したのか、その要因を導き出すことを試みる。
Conference Proceeding
In his keynote speech K. Kokubu, professor at Kobe University and project leader at IGES Kansai Research Center stated the importance of environmental accounting not only for environmental conscious management itself, but for corporate management in general. Two initiatives of the Japanese government seem to have caused the change of behavior of...
Conference Proceeding
IGES関西研究センターのプロジェクトリーダーである神戸大学教授の國部克彦氏による基調講演では、環境会計が環境マネジメントだけではなく企業経営全般にとって重要であることが明示された。 日本政府による2つの取り組みが、日本企業の行動の変化に大きな影響を与えている。まず、環境省(MOE)の環境会計ガイドラインは、企業が環境報告書を通じて、環境会計情報の第三者への開示を増やすことを意図したものである。環境省による取り組みの一方で、経済産業省(METI)も取り組みを開始している。経済産業省による取り組みの結果として、さまざまな環境管理会計手法が開発された。これらの手法の中で、特にマテリアルフローコスト会計(MFCA)が将来的に有望な手法であると考えられている。...