Results 1 - 10 of 33 (Sorted by date)
Discussion Paper
Impacts of climate change are likely to be severe in the Asia-Pacific region but adaptive capacity is weak in most countries and communities. As much of the adaptation is site-specific and has to be developed at the individual and community level, it is crucial to harness local knowledge in designing adaptation strategies. Focus group interviews...
Keywords:
Discussion Paper
IGES-CP Working Paper 2004
Author:
Corporate motives and strategies of both investing and hosting country affect the outcomes of a CDM project-who introduces what technology to whom-and result in large differences in economic viability and the CO2 emission reductions. This is particularly true for steel industry in which steel making consists of many detailed and complex processes,...
Discussion Paper
In mitigating climate change, the Kyoto Protocol requires Annex I countries to reduce greenhouse gas (GHG) emissions. In achieving their targets, the Kyoto Protocol allows the countries to use the Kyoto Mechanisms (KM), including emissions trading (ET), which is recognized as one of the most cost-effective ways. Prior to the official start of...
Discussion Paper
APEIS RISPO Good Practices Inventory database
Strategy: Development of environmentally sustainable transport systems in urban areas Environmental areas: Climate change, air pollution, urban environment Critical instruments: Awareness raising; design, planning and management; partnership Country: Japan Location: Sapporo Participants: Hokkaido Regional Development Bureau (regional development...
Discussion Paper
本報告書はアジア・太平洋地域の4カ国、中国、インド、インドネシア、韓国の環境産業に焦点を当てたものである。これら諸国はそれぞれ異なった環境産業の発展段階にあり、調査対象国として選択した。報告書はこれら4カ国の環境破壊の現状、環境産業の現状、政府の主な環境産業育成策、2国間および国際機関による援助、多国籍企業の活動がもたらした環境産業発展への貢献、等を概観、評価する。 報告書は3章から構成される。第1章は、プロジェクトの目的と紹介、主要な研究成果と提言である。第2章は、中国、インド、インドネシア、韓国の環境産業、調査対象4カ国の環境産業に対する2国間援助(日本を除く)、国際機関、多国籍企業の貢献、中小企業の環境産業発展への貢献等によって構成される。第 3章は...
Discussion Paper
環境省の「環境と経済活動に関する懇談会」は、平成15年6月に「環境と経済の好循環を目指して」と題する報告書をとりまとめた。この中で、環境と経済の統合を実現していくためには、「意識の革新」、「社会経済システムの革新」、「技術の革新」を進め、「3つの革新」を原動力として好循環を生み出していく必要があると述べている。そして、各経済主体の評価は、「各主体の環境保全意識は高まっているものの、環境行動を評価する仕組みが十分整っていないこと」として課題に取り上げられるとともに、「社会的責任を踏まえた環境経営の推進」、「融資・保険・投資のグリーン化」、「中小自治体での取組の充実」などの今後の基本的方向に関する提言の中でも触れられており、重要な政策課題として位置付けられていることがわかる。 一方、現実面では...
Discussion Paper
At the 2002 World Summit on Sustainable Development (WSSD), "changing unsustainable patterns of consumption and production" was determined to be the key task for the future. The prospective direction of corporate environmental conservation activities is an important factor in solving global environmental issues-corporations' roles as producers and...
Discussion Paper
1. 背景 日本、中国及び韓国の環境経営の現状を比較するため、財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、中国の国家環境保護総局環境経済政策研究センターと韓国のLG環境戦略研究所の協力を得て、調査事業を実施した。 日本国環境省は、日本企業の環境経営の現状を把握するため、毎年、「環境にやさしい企業行動調査」を実施しており、政策決定者や実務化が環境経営の現状を分析するにあたっての基礎的な資料として定着している。しかしながら、アジアでの経済協力が近い将来飛躍的に深まることが予想されているにもかかわらず、日本以外のアジア諸国の情報は極めて乏しい。 本調査事業は、英語で共通のアンケート調査票を作成し、それを各国の言語に翻訳して、中国及び韓国の上場企業を対象に実施したものである...