Results 1 - 6 of 6 (Sorted by date)
Discussion Paper
IGES Kansai Research Centre Discussion Paper
In order to achieve sustainable society, it is necessary to transform industrial structure to the one that does not reduce the Earth's resources. Under this circumstance, a business model of "not selling goods, but selling services" has been expected as a measure of co-existence of business and the environment. This idea, which is called as...
Discussion Paper
持続可能な社会を築くためには、産業構造を転換し、地球の資源を減少させないようにすることが課題となっている。このような中で「モノを売らずにサービスを売る」というビジネスモデルは、産業と環境が両立する方策として期待されてきた。「製品サービスシステム(Product-Service Systems: PSS)」や「サービサイジング」等と呼ばれるこのアイデアは、欧米や国際機関で研究され、日本にもおいても研究されつつある。 しかし、PSSのアイデアは、未だ有効に政策展開されていない。その大きな原因は、PSSのコンセプトが未発達なところにある。コンセプトが不十分なままにして、研究者は科学的分析に取り組み、政策担当者は新規政策として活用しようとしているため、関係者の間では混乱が生じている...
Conference Proceeding
The International Symposium "Environmental Business for Regenerating Local Society", which was organised by the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) - Kansai Research Centre (KRC) in cooperation with the 21st Century Research Organization for Human Care at the Kobe Portopia Hotel on February 3, 2006 provided important insights into...
Conference Proceeding
Local governments and business community have long sought to attract large industrial facilities to their regions. This approach to local economic development is often met with many policy challenges, economic barriers and environmental limitations, On the other hand, environmental business that utilizes local resources and posses comparative socio...
Discussion Paper
Meeting summary of the IGES Brainstorming Forum, 11 April 2001, Tokyo. 2001 年3 月,米国ブッシュ政権は選挙キャンペーン時の公約であった電力部門へのCO2 規制を反古にし,また京都議定書に反対であるという内容の書簡を保守系上院議員に送った。続いて,米国が京都議定書に批准する意思がないことを公式に明らかにした.この意志表明は,京都体制の今後を不透明なものとし,国際社会に大きな波紋を投げかけた。IGES Brainstorming Forum では,米国離脱の可能性を含めた「京都体制の今後の展開」に関し,その見解・見通し・解決策について,欧米の専門家を交えて議論を行った。
Keywords: