Results 1 - 10 of 13 (Sorted by date)
Discussion Paper
The Clean Development Mechanism has its meaning to be a tool that the sustainable development in the host developing country is compatible with the climate change mitigation, as well as, a flexible instrument for developed countries to meet their quantified commitments. This paper considers how the CDM works properly as a tool to assist developing...
Discussion Paper
気候変動問題に関する京都議定書では,Annex I 国に対する数値目標の設定と同時に,排出権取引などの「国際的」柔軟性メカニズムも導入されることとなった.その一方で,「国内」措置実施の重要性に関しても認識され,それが第6,17 条に規定されている「補完性(supplementarity)」の原則という形で表現されている. この「補完性」の取り扱い方法として,EU 等からは「取引される排出量への制限」という方法が提案されているが,ここでは,本来の議定書の精神に立ち戻り,議定書第2 条の「国内措置側」からのアプローチとして,「物理的な共通パフォーマンス原単位の開発」という形の,新たな提案を行い,それによって国際的取り組みの発展と同時に,Annex I 国内の取組を促進させる方法を論ずる.
Keywords:
Discussion Paper
Kyoto Protocol incorporates the international flexibility mechanisms such as emissions trading, etc., in addition to setting the quantified commitments for Annex I Parties. The Protocol also recognizes the importance of domestic actions, and supports the concept of supplementarity in the Articles 6 and 17. EU proposes to limit the tradeable amounts...
Keywords:
Discussion Paper
This report is the outline of the first IGES Brainstorming Forum which was held on June 21 and 22, 1998 at Shonan Village. Japan has no experience in emissions trading which will be introduced in accordance with the Kyoto Protocol. Emissions trading will be a very important future measure of Japan in the issue of global warming; however, it has not...
Keywords:
Discussion Paper
このレポートは,1998 年 6 月21-22 日に,湘南のIGES において行われた 第1回 排出権取引Brainstorming Forum において話し合われた内容のポイントを整理したものである. 日本においてまったく経験がないにもかかわらず,京都議定書で導入することが決められた「排出権(排出量)取引 (emissions trading)」は,将来の日本の地球温暖化問題対策の中で大きな位置を占める(ざるをえない)ものであろう.ただ,その経験や知識不足の点から,日本では特に,いまだに十分な認識がなされていない. このフォーラムの趣旨は,日本の各ステークホルダーに集まってもらい,それぞれの立場を離れた議論をしていく「過程」において,この手法に関する認識を深め...
Keywords: