Results 1 - 10 of 67 (Sorted by date)
Research Report
Author:
Michael
Grubb
Christiann
Vrolijk
Duncan
Brack
温暖化防止における京都議定書とは? 地球温暖化問題・排出権取引の第一人者、マイケル・グラブとその研究グループ(英国王立国際問題研究所、チャタムハウス)が分析・展望した世界一級の解説書。 <内  容> 本書は、京都会議の単なる評価や解説にとどまらず、その意味するところを分析し、科学と社会・経済・政治の相互作用がもたらす展望を詳述している。とくに、排出権取引などの世界的権威である著者の分析は、日本の研究者、企業、政策担当者にとって、さまざまな示唆を提供してくれる。  ハーグにおけるCOP6以降、日本の批准やそれに伴う国内政策措置の策定が行われ(国内排出権取引制度の導入も期待されている)、日本の企業はいやおうなしに「京都って何だったんだろう」という『京都会議の意義』を、...
Keywords:
Research Report
この書籍は絶版になりました。This book is out of print. 産業界はどのように環境問題に取り組んできたのか。「環境ガバナンス」の概念を踏まえて。戦後の産業公害時代から今日までを企業人自らが振り返り考察。 そして、地球環境時代に求められる企業の役割とは。 はしがき 森島昭夫(IGES理事長) 第1章 戦後50年の環境問題と民間企業の対応 岩渕勲(スカイアルミニウム) 第2章 大気・水質環境問題と鉄鋼業 高崎誠(新日本製鐵) 第3章 排ガス・燃費規制と自動車産業 笹之内雅幸(トヨタ自動車) 第4章 化学物質と化学産業 石崎直温(三菱化学) 第5章 地球環境問題と電力事業 乙竹文二(東京電力) 第6章 残された公害・環境問題~廃棄物と土壌汚染~ 志田慎太郎(東京海上火災保険)...
Policy Report
The Russian Far East (RFE) has long been regarded by the central government in Moscow as a timber resource base. As a result, forest resources have been exploited for timber, especially the most accessible locations with valuable resources (Newell & Wilson, 1996; Kakizawa, 1998a). After the collapse of the Soviet Union, the exploitation of timber...
Conference Proceeding
This workshop was organized jointly by NUOL (Department of Forestry, National University of Laos) and IGES. The main objectives were: 1) for the IGES forest conservation project to share its research results on Lao P.D.R. and Vietnam respectively; 2) for the participating experts and stakeholders to comment on and discuss the research results; and...
Policy Report
This inaugural issue contains special contributions from international members of the Editorial Board of IRES and papers based on IGES research outcomes covering a broad range of topics including Japanese approaches to environmental management, comparative study of urban environment in East Asia and local forest management in Indonesia. Remarks:...
Discussion Paper
Baseline setting is a key step in the process to identify certified emission reductions for CDM. This paper clarifies some confusing concepts regarding baseline setting, such as time-dependence (static/dynamic/revision) and standardization (benchmarking/projectspecific). There are many technical aspects for the development of CDM scheme from...