Results 1 - 10 of 52 (Sorted by date)
Presentation
First Sub-Regional workshop on Preparation of status Report and Sub-regional Roadmap for Implementing the Global Waste Management Goals toward Addressing SDGs in South Asia
Author:
Home to roughly 1.8 billion people, South Asia generates approximately 334 million tonnes of waste per year of which 174 million tonnes (57%) is organic in content. In addition to the increase in municipal solid waste, managing complex and emerging waste streams, including e-waste, food waste, construction and demolition waste, disaster waste,...
Peer-reviewed Article
In 環境経済政策研究
Author:
Soocheol
Lee
Unnada
Chewpreecha
第五次環境基本計画は,環境・経済・社会問題が相互に連関しているという認識のもと,それを解決するために,持続可能な開発目標(SDGs)およびパリ協定の採択という時代の転換点を契機とする新たな文明社会へのパラダイムシフトを要請している.本稿は,このようなパラダイムシフトにつながる政策として,第五次環境基本計画の重点戦略を支える「地球温暖化対策計画」(2016年5 月13 日閣議決定)の長期目標である2050 年までに80%の温室効果ガス(GHG)の排出削減を達成することを目的とした本格的な炭素税導入を核としたグリーン税制改革を取り上げ,グリーン税制改革によって豊かな暮らしを維持すると同時に大幅なGHG 排出削減を達成することが可能であることを示した.
Policy Report
This report looks at national policies and initiatives related to sustainable consumption and production in Asia, without pretending to offer an exhaustive inventory of such policies and initiatives. It was developed based on literature review, integrating information collected through key regional projects such as SWITCH Asia and SwitchMed. The...
Commissioned Report
本業務は、この新たに策定された行動計画のうち、「気候変動対応」と「グリーン経 済への移行」の2分野に関連する共同研究について、これまで三カ国で実施してきた共 同研究の内容及び成果を踏まえ、今後の研究方針計画を策定し、中国及び韓国の担当者 と協議を行い、三カ国間で今後の進め方を提案することを目的とする。このほか、我が 国がTEMM の枠組みをはじめとする数多くの環境協力を中国及び韓国と行っているこ とに鑑み、今後のTEMM に関する行動計画をはじめ、中国及び韓国との環境協力の効 率的な推進のため、中国及び韓国における環境行政の体制及び活動実態について分析し、 これをまとめた資料を作成することを目的とする。また、平成28 年4月、第18 回 TEMM(TEMM18)は、静岡市にて開催された...
Keywords:
Peer-reviewed Article
In ISPRS International Journal of Geo-Information
Author:
Saeid
GHARECHELOU
Ryutaro
TATEISHI
SCHARMA Ram C.
Soil moisture (SM) plays a key role in many environmental processes and has a high spatial and temporal variability. Collecting sample SM data through field surveys (e.g. for validation of remote sensing-derived products) can be very expensive and time consuming if a study area is large, and producing accurate SM maps from the sample point data is...
Commissioned Report

2050低炭素ナビゲーターの開発及び普及活動

平成27年度気候変動枠組条約の下での2020年以降の枠組みに関する情報整理業務報告書
Peer-reviewed Article
In Applied Geography
Author:
Kotaro
IIZUKA
We use crowdsourced GIS data from OpenStreetMap to help automate the mapping of land cover in Landsat satellite imagery. The OpenStreetMap data had limited area coverage, but was useful for building a model which could classify land cover in the other areas.