Results 1 - 10 of 706 (Sorted by date)
Commentary (Op. Ed)
グリーンボンド等のグリーンファイナンスは拡大しつつあるが、そのインパクトは明らかになっていない。一方、「グリーンウォッシュ」や「インパクトウォッシュ」への懸念を背景に、インパクトの重要性は投資家の間でも認識されつつある。インパクトの基準を標準化することは困難な面もあるが、段階的にでもインパクトが比較可能な形で可視化されることは重要である。
Presentation
Seminar “PSP NETWORK FOR SUSTAINABLE FOREST MANAGEMENT IN SARAWAK”
Japan is still the largest market for timber from Sarawak. Thus, it is important to understand the latest trends of the policy and initiative for timber legality and sustainability. Japan issued the Act on Promotion of Use and Distribution of Legally-harvested Wood and Wood Products (Clean Wood Act) in 2016. The objective of this new act is to...
Peer-reviewed Article
In Forest Policy and Economics
Author:
Makoto
Ehara
Yoko
Asada
Yutaro
Shogaki
Masato
Yano
Kimihiko
Hyakumura
This article examines the REDD+ engagement types preferred by Japanese private firms at the project level including their motivation and rationale for the engagement and explores the challenges and opportunities in relation to their participation. We analyzed 148 responses to a survey questionnaire mailed to participants across Japan and the...
Keywords:
Data or Tool
The IGES NDC Database compiles the main features of the Nationally Determined Contributions (NDCs), which were communicated by the Parties to the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) in order to present the targets and measures that will be taken in order to implement the Paris Agreement, according to countries’ national...
Working Paper
本ペーパーでは、グリーンファイナンスのなかで近年その市場規模が拡大しつつあるグリーンボンドに着目し、日本におけるグリーンボンド市場を更に拡大していくための政策提言を検討するため調査を行った 。グリーンボンド市場を拡大するためには、既にグリーンボンドを起債した発行体が継続的に発行すること、また、未起債の企業が新たに発行することの二種類が必要となる。本ペーパーでは、前者のグリーンボンドを過去起債した企業を対象に、グリーンボンドの発行体がグリーンボンドを戦略的な資金調達手段として位置付け継続的にグリーンボンドを発行していくためにはどのような課題があり、どのような制度的対応等が必要となるのかについて検討した。
Peer-reviewed Article
In Journal of Resources, Energy, and Development (JREAD)
Author:
Prosanto
Pal
This paper details the efforts made by Institute for Global Environmental Strategies (IGES) and The Energy and Resources Institute (TERI), under their Japan–India collaborative projects, to promote low carbon technologies (LCT) among small and medium enterprises (SMEs) in India. The empirical evidence gathered during the projects show that three...
Working Paper
This working paper shows results of a questionnaire survey to analyse the following two questions: (1) What kind of challenges do companies need to overcome when using green bonds as a strategic means of funding green projects or activities under their business plan, so that they can issue green bond repeatedly? and (2) What policies and...
Keywords:
Report Chapter
Industry, in the context of this chapter, is mostly confined to the strict definition of the word: -“economic activity concerned with the processing of raw materials and manufacture of goods in factories”. Industry has a major impact on nature and its biodi- versity in Asia and the Pacific, as it does elsewhere in the world. Industry impacts...
Commentary (Op. Ed)
グリーン・パワー
パーム油は、西アフリカ原産のアブラヤシの実を搾った油脂から作られる。日本で消費される植物油のうち菜種油についで2番目に多く消費され、国民一人当たり年に4~5リットル消費している(WWF 2015)。食用油、マーガリン・ショートニング、スナック菓子、化粧品、洗剤など幅広い用途に使用されている。また、ここ数年ではアブラヤシの種子からパーム核油を取り出した後の残ざん渣さであるパーム核殻が輸入され、国内のバイオマス発電で使用されるようになっている(滝沢 2015等)。よって、パーム油はその生産過程で生じる副産物も含めて、私たちにとって非常に身近な存在といえる。しかし、日本ではパーム油を使用する商品の原材料名には「植物油脂」と記載されるので、普段パーム油を消費しているという実感をもつのが難しく...