Results 1 - 10 of 10 (Sorted by date)
Presentation

Relationship between NAMAs and market mechanisms

IGES-UNFCCC-ADB Joint Workshop on Promoting CDM and Market Mechanisms in Asia and the Pacific
Discussion Paper
The FVA needs to support for transparency of INDCs. Since INDCs cover Economy-wide emission reduction targets (GHG targets) as well as Non-GHG targets such as energy targets, policy and project implementation, the scope of the FVA includes accounting framework for not only international transactions but also mitigation targets or actions under...
Issue Brief
国家気候変動戦略によれば、ベトナムは低炭素社会とグリーン成長に向けて、現代的な工業国になるという目標達成のため、国際的な資金支援、技術移転を活用し気候変動問題に対し積極的に対応していくことを示している。日本との二国間クレジット制度(JCM)の開始や、将来的な炭素市場形成の検討など、京都議定書以外での新たな取り組みが始まっており、本稿ではベトナムの気候変動緩和策の実施、計画状況について整理し、今後の課題について検討する。
Peer-reviewed Article
In Asian Social Science
Author:
Toshihiro
Uchida
The issue of geographic equity has been one of the greatest concerns throughout the history of the CDM. To encourage wider implementation of the CDM or a reformed CDM and new market-based mechanisms in the future, it is necessary to identify the barriers that hinder implementation of CDM projects in underrepresented countries. This paper...
Issue Brief
2014年4月、京都議定書に批准する先進国の温室効果ガス(GHG)排出量および2013年までの京都メカニズムクレジット(以下、京メカクレジット)の取得量が公表された。本レポートでは京都議定書第一約束期間における達成手段をまとめた。 ・日本は、2008年から2012年における実際のGHG排出量が初期割当量を上回ったが、森林吸収源(Removal unit: RMU)、チェコ、ウクライナ、スイスからのAssigned Amount Unit (AAU)、クリーン開発メカニズム(CDM)プロジェクトに投資して直接取得したCertified Emission Reduction(CER)を主に活用して、GHG排出量の基準年比8.4%減を達成した。 ・EU15は、AAUを9.89億t-CO2他国に移転...
Issue Brief
In April 2014, the Annex B countries of the Kyoto Protocol published the number of transactions of Kyoto units that had taken place by the end of 2013 as well as the GHG emissions of the Annex B countries in 2012. This report summarises how each country achieved their emission reduction targets during the first commitment period of the Kyoto...
Data or Tool
IGES ERs Calculation Sheet aims at providing a simplified spreadsheet for demonstrating emission reductions based on the approved methodologies corresponding to eligible project activities. The sheet will provide you with estimated emission reductions by entering only several key parameters. Detailed calculating formulas are also provided on this...
Discussion Paper
日本政府は2013年より、二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism、以下JCM)を積極的に推進しており、2014年3月現在、10カ国がJCMに署名している。JCMは、優れた技術、システム、インフラ等や資金を日本が途上国に提供してGHG削減を行い、その削減量の一部を日本の削減として計上するというものである。JCMは実質的にその運用が開始されたばかりであるが、制度自体が常に変化を続けていることを考えると、現段階でのJCMに関する情報を整理、かつその情報に基づいたレビューが有用である。本ペーパーでは、JCMは日本政府、途上国政府、国連気候変動枠組条約の三者による「期待」を満たすことが必要であるという考えに基づき、三者によるJCMへの期待が何であるか、また...