Results 1 - 6 of 6 (Sorted by date)
Policy Brief
A series of decisions made at COP18 in Doha, Qatar imposes considerable restrictions on the use of the Kyoto mechanisms by countries that do not submit greenhouse gas reduction targets for the second commitment period of the Kyoto Protocol, including Japan. This policy brief overviews the limits to Japan’s use of the Kyoto mechanisms due to the...
Policy Brief
2012年12月のCOP18(カタール・ドーハ)において、日本をはじめ京都議定書第2約束期間に数値目標を提示しない国の京都メカニズムへの参加には大きな制限が課せられることとなりました。 本ポリシー・ブリーフでは、COP18決定による日本の京都メカニズム利用に関する制限を踏まえて、2013年以降に日本が取得可能な京都ユニットに対してもたらす影響を定量的に推計するとともに政策的な意味について考察しています。
Policy Report
MRV – Measurement/Monitoring, Reporting and Verification - is commonly understood as a series of processes to quantify GHG emission and their change over time. It is a key instrument to understand the level of emissions and the impact of actions aimed at changing emission levels. For this reason, MRV became a keyword as many developed and...
Policy Report
MRV (Measurement:測定/Monitoring:モニタリング, Reporting:報告, Verification:検証)は一般に、温室効果ガスの排出量及びその変化を定量的に計る一連のプロセスである。MRVは排出の程度や排出削減を目指した取り組みの成果を把握するうえで、鍵となるツールである。多くの先進国及び開発途上国が温室効果ガス排出量や削減支援の効果測定ための手法を導入するに伴い、「MRV」は重要な用語となっている。しかし、MRVの厳密な意味の明確化、及びMRV実施例を体系的に文書化するといった作業はまだあまり行われていないというのが現状である。加えて、MRVの実施にあたっては、簡素化と厳密性の間にしばしばトレードオフが生じるという問題もある。本報告書は...
Policy Report
Author:
Mallare, Marina
Jeanette
Laurente
Tiffany
Sotelo
While the form of new framework including new market mechanisms with participation from all the Parties under the UNFCCC will be further discussed and elaborated in order to be agreed upon by 2015 and implemented by 2020, CDM still has a significant role in terms of the foundation of market-based mechanisms and supporting tools especially for the...
Policy Report
Author:
Marina
Mallare
Jeanette
Laurente
Tiffany
Sotelo
京都議定書における既存のルールやメカニズムは継続して利用される一方で、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の下で、全ての締約国が参加する新たな法的枠組みの形成を、2015 年までに合意し、2020 年までに実施されることを目的としてさらに議論が継続されている。CDM は市場メカニズムの基礎作りや特に後発途上国(LDC)への支援策として重要な役割を担ってきた。 本稿ではまずCDM からの認証された排出削減量(CER)の需給を中心として、CDM の現在の状況をまとめた。次にCDM から何が具体的な教訓として得られたのかという点について、能力構築事業を通じた過去の経験についてまとめた。CDM の潜在性を最大限に活用するために、次の世代のCDM(つまりCDM 2.0)としてCDM...