Results 1 - 10 of 161 (Sorted by date)
Commentary (Op. Ed)
グリーンボンド等のグリーンファイナンスは拡大しつつあるが、そのインパクトは明らかになっていない。一方、「グリーンウォッシュ」や「インパクトウォッシュ」への懸念を背景に、インパクトの重要性は投資家の間でも認識されつつある。インパクトの基準を標準化することは困難な面もあるが、段階的にでもインパクトが比較可能な形で可視化されることは重要である。
Data or Tool
The IGES Kyoto Units Transfer Database (CP1 & CP2) provide compiled information on all issuance, international transfer, retirement, and cancellation of Kyoto units from each Annex I country or among different Annex I countries for the 1st and 2nd commitment periods of the Kyoto Protocol (CP1 and CP2). The information is extracted from publicly...
Data or Tool
「パリルールブックの解説」はパリ協定の実施指針(通称パリ・ルールブック)について 、わかりやすく解説することを目的としています 。 2018 年にポーランド・カトビチェで開催された パリ 協定第1回締約国会合第3部 ( CMA1-3 )における決定内容までを含んでいます。 必ず しも原文に忠実に訳したもので はないため、内容 の正確性を完全に保証するものではなく 、また その後の交渉によって、ルールが更新・改定される可能性があります 。 また本資料の内容は編者の見解であり、 IGES としての見解を述べたものではありません。 転載 ・引用する場合、出所を明記して下さい 。
Data or Tool
The IGES NDC Database compiles the main features of the Nationally Determined Contributions (NDCs), which were communicated by the Parties to the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) in order to present the targets and measures that will be taken in order to implement the Paris Agreement, according to countries’ national...
Working Paper
本ペーパーでは、グリーンファイナンスのなかで近年その市場規模が拡大しつつあるグリーンボンドに着目し、日本におけるグリーンボンド市場を更に拡大していくための政策提言を検討するため調査を行った 。グリーンボンド市場を拡大するためには、既にグリーンボンドを起債した発行体が継続的に発行すること、また、未起債の企業が新たに発行することの二種類が必要となる。本ペーパーでは、前者のグリーンボンドを過去起債した企業を対象に、グリーンボンドの発行体がグリーンボンドを戦略的な資金調達手段として位置付け継続的にグリーンボンドを発行していくためにはどのような課題があり、どのような制度的対応等が必要となるのかについて検討した。
Working Paper
Although Japan and India have long considered the possibility of establishing the JCM as has been stipulated in joint statements between these two countries, an official bilateral document to start the JCM has not yet been signed. The JCM is one of the market-based mechanisms which involves Internationally Transferred Mitigation Outcomes (ITMOs)...
Data or Tool
IGES Biennial Update Report (BUR) Database provides key information reported in biennial update reports (BURs) submitted by Non-Annex I Countries to the UNFCCC. According to UNFCCC COP decision 2/CP.17, non-Annex I Parties, consistent with their capabilities and the level of support provided for reporting, should submit their first BUR by December...
Policy Report
Climate change deepens poverty; whereas, researches have shown financial inclusion is one of the best ways to build resilience to the climate change effects. Inclusive green finance is an evolving policy area in which member institutions of the Alliance for Financial Inclusion (AFI) are beginning to implement policies, regulations and national...
Presentation
Talanoa dialogue for support providers in South and East Asia
Capacity building support by means of international development projects is considered vital for developing countries to respond to the enhanced transparency framework of the Paris Agreement. While numerous transparency-related capacity building support has already taken place in the last 20 years, few attempts have been made to understand lessons...
Working Paper
2005年に欧州でキャップ&トレード型の欧州連合域内排出量取引制度(EU ETS: European Union Emissions Trading System)が導入された。EU-ETSは世界で最も歴史の長いETS制度であり、世界の気候変動施策を先取りしたものとして、追随して行われている他の国内排出量取引制度のモデルにもなっている。EU加盟国間の大きな経済格差を含む複雑な事情と経済状況の低迷に対処する中、フェーズ1の実施からの14年間、現在に至るまで多くの課題への対処がなされてきた。しかしながら、試行錯誤的なものも含めて制度内容の変遷も大きく、非常に複雑な制度であることも否めない。 EU ETSに関しては、和文での文献、図書及びWeb上での情報は数多く存在し...